コーヒーサイフォンの原理

コーヒーサイフォンの原理

コーヒーサイフォンの原理についてわかりやすく解説しています。

 

コーヒーサイフォンとは

コーヒーサイフォンというのは蒸気圧を利用して、コーヒーを抽出する器具です。

 

 

サイフォンの原理とは

コーヒーサイフォンの原理をわかりやすく段階ごとに解説していきます。

 

サイフォンの原理

  1. フラスコに湯や水を入れてアルコールランプにて加熱。
  2. フィルターを装着した漏斗に挽いたコーヒーを入れておく。
  3. 沸騰が始まったら火を外して漏斗を差し込む
  4. 再加熱して沸騰による蒸気圧でフラスコ内が正圧になり、大気圧を超えたら湯が上に移動、コーヒーの粉と混ざり抽出がなされる。
  5. フラスコ内には抽出液が溜まるのでこれをコーヒーとして飲むことができる。

 

原理を簡単に解説しますとこうなりますね。まあようするに水が沸騰して発生する水蒸気の力で水が上がる、そして火を止めると水蒸気が水に戻るのでほぼ真空気なり、湯の吸引が始まるのです。昔の人はうまいこと考えたものですね。

 

サイフォンでできるコーヒーの味

このような原理でできるコーヒーの味は、コーヒー豆の粗さ(挽き具合)や抽出時間、火力などによって変わってきます。漏斗にとどまる時間を長くすればするほど味が濃くなります。

 

 

page top