コーヒーの効能/珈琲成分がもたらす健康効果まとめ!

コーヒーの抽出方法 器具別の特徴や違い

コーヒーの抽出方法には色々あり、比較してみるとそれぞれ抽出原理によって味や香り、舌触りにも違った特徴がでてきます。今回はコーヒー抽出法のすべてを一挙紹介します。

 

 

ペーパードリップの特徴

日本では最もベターなコーヒーエキスの抽出方法です。ドリッパーにセットしたペーパーフィルターに粉を入れ、そこに一気にお湯を通過させることでエキスを抽出します。お湯や粉の量を調整し自分好みの味にすることが可能です。

 

ネルドリップの特徴

上記のペーパードリップと同じですがフィルターが布製という違いがあります。粉とお湯の接触時間の関係・布の繊維がより細かい微粒子をとらえることができるという点からコーヒーエキスの舌触りが滑らかで味わいもまろやかになります。

 

サイフォンの特徴

蒸気圧を利用して、コーヒーを抽出する器具です。ガラスのフラスコを加熱すると上記がロートに押し上げられここでコーヒーの粉と交わりエキスが抽出されます。加熱を止めるとフラスコ内が減圧することでエキスが落ちてきます。

 

プレス式コーヒーの特徴

紅茶のサーバーのような見た目をしています。コーヒープレスといわれる容器の中に粉をいれ熱湯をそそぎます。そしてプランジャーと呼ばれるフタでプレスすることによりコーヒーエキスを抽出するのです。このプレス式コーヒーではペーパードリップやネルドリップでは作れない味をつくることができます。

 

水だしコーヒーの特徴

水で抽出するコーヒーのことを水だしコーヒーといいます。熱を加えないので味が少々変わってきます。苦み成分が水に溶けにくいので味は比較的マイルドですね。また熱湯で抽出するよりもろ過するのに時間がかかります。

 

コーヒーメーカーの特徴

原理はペーパードリップと同じですが、自動式なので手間がなくささっと作れます。ただ機会なので味が一定でぶれがないというのは、メリットでもありますが、味の変化がつけられないのでデメリットでもありますね

page top