コーヒーの効能/珈琲成分がもたらす健康効果まとめ!

<スポンサードリンク>

コーヒーのダイエット効果

近年コーヒーのダイエット効果が注目されています。ただの朝の目覚めの一杯や仕事中のブレイクタイムでしかないという人もコーヒーで痩せ効果を実感してみませんか?

 

コーヒーダイエットとは何か
コーヒーダイエットというのは簡単にいえばコーヒーの成分であるクロロゲンやカフェインの効果によって脂肪燃焼を促進するダイエット手法のことです。

 

コーヒーにダイエット効果がある理由〜成功の秘訣はクロロゲン酸〜

まずカフェインには血行を促進し代謝を向上させる効果があります。そのため脂肪の燃焼が促進されるだけでなく、冷えやむくみ、肩こりなども解消されるというメリットがあるのです。

 

また同様の脂肪燃焼促進効果がポリフェノールのクロロゲン酸にはあります。

 

インスタントでも効果はあるの?おすすめの種類は?

インスタントでも効果はあります。ですがドリップと比べるとカフェインやクロロゲンの含有量は少ないです。

 

またクロロゲンは耐熱性が低いため沸騰のさせすぎには注意です。ドリップコーヒーを買う時は浅煎にしておき、お湯の温度は80度前後にしておきましょう。

 

コーヒーを飲むタイミングは?〜運動の前に飲もう〜

コーヒーを飲むタイミングですが運動の30分前が最適だといわれています。これはカフェインの効果が表れるのが飲んでから30分以降であることが理由です。

 

運動の方法としては簡単なウォーキングやジョギングを30分から40分程度でOKです。ダイエット目的の運動は負荷が少ない運動をできるだけ長時間続けるほうが効果的なのです。

 

コーヒーのカロリーは?〜牛乳や砂糖は入れないほうがいい〜

さてダイエットをするうえで摂取するもののカロリーというものは無視できないものです。

 

コーヒーに関してはブラックならば約4kcalくらいです。

 

ですがここにミルクや砂糖を入れた場合カロリーは跳ね上がるので注意してください。理想はブラックで飲むことです。

 

痩せた!成功した!という口コミ

効果に関してはネット上の口コミを拝見したところ成功したという意見と、失敗というか効果ほぼなしという意見両方存在しました。

 

成功した人ではコーヒーにより空腹感を抑えることができた、2か月で4キロやせたなんて声もありましたが

 

失敗した人の意見としては「胃があれただけだった」とか「ほとんど効果がなかった」という声が見られました。

 

やはり体質によるものややり方の差異などが関係していると思われます。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

カフェインの脂肪燃焼効果について
カフェインが脂肪燃焼に効果的な理由を解説しています。一般にはただの眠気覚ましという印象しかないカフェインが脂肪燃焼を促進するのはどうしてなのでしょうか。
美肌効果は本当にあるの?
近年コーヒーがもたらす健康効果が注目されています。珈琲の成分として有名なカフェインやポリフェノールが癌・心臓病・動脈硬化・鬱病といった深刻な病気の予防になることが期待されています。
カロリーはどれくらいか
コーヒーのカロリーに関する様々な疑問にお答えしています。
コーヒーサプリの効果とは
近年コーヒーがもたらす健康効果が注目されています。珈琲の成分として有名なカフェインやポリフェノールが癌・心臓病・動脈硬化・鬱病といった深刻な病気の予防になることが期待されています。
生コーヒー豆エキスの効果
近年コーヒーがもたらす健康効果が注目されています。珈琲の成分として有名なカフェインやポリフェノールが癌・心臓病・動脈硬化・鬱病といった深刻な病気の予防になることが期待されています。
運動前にコーヒーを飲もう
運動前にコーヒーを飲むことで脂肪の燃焼効率が飛躍的に高まるといわれています。どうしてコーヒーを飲むと脂肪の燃焼効果が高まるのでしょうか。

健康 ダイエット 珈琲の成分 珈琲の種類 美味しい珈琲 砂糖・ミルク 器具の選び方 副作用