コーヒーの効能/珈琲成分がもたらす健康効果まとめ!

<スポンサードリンク>

コーヒーのカロリーに関する疑問に答えます

コーヒーのカロリーに関する様々な疑問にお答えしています。

 

無糖のコーヒー(ブラック)はカロリーはあるの?

無糖のアイスコーヒー、つまりブラックコーヒーにカロリーがあるかどうかというお話ですが安心してください。ほぼゼロカロリーです。コーヒーのようにカフェインがたくさん含まれている紅茶もどうようにストレートならばゼロカロリーです。せいぜい数kcalです。

 

なぜカロリーは0ではないのか

しかしなぜ砂糖もミルクも入れていないのにカロリーは0ではないのか。

 

スタバのカロリー表だとアイスが11kcal,ホットが15kcalとなっていますね。(アイスのがなぜ低いかについては『アイスコーヒーのカロリーについて』にて解説しています。)

 

0でない理由についてはそれはコーヒーとてもともと食べ物のエキスからできる飲み物なのでただの水ではないからです。

 

缶コーヒーなどを購入した時に0カロリーと表記されているとしても、0カロリーでないことも多いです。何故なら健康増進法に基づいた栄養表示基準では100g(ml)あたり5kcal未満ならばカロリー0やノンカロリーとして扱っていいことになっているからです。

 

ミルクや砂糖を入れるとカロリーは高い

ただいくらコーヒーのカロリーがゼロに近いといってもミルクや砂糖を入れてしまうとカロリーは3倍4倍に跳ね上がります。くれぐれも入れすぎには注意してくださいね。

 

運動前にコーヒー摂取で消費カロリーUP!脂肪燃焼効率UP!
コーヒーのカフェインやポリフェノールは脂肪の燃焼を促進する作用があります。そのため運動前30分くらいに飲むと運動での消費カロリーが増えて脂肪の燃焼効率が上がります。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

ダイエット効果があるのは本当か
近年コーヒーがもたらす健康効果が注目されています。珈琲の成分として有名なカフェインやポリフェノールが癌・心臓病・動脈硬化・鬱病といった深刻な病気の予防になることが期待されています。
カフェインの脂肪燃焼効果について
カフェインが脂肪燃焼に効果的な理由を解説しています。一般にはただの眠気覚ましという印象しかないカフェインが脂肪燃焼を促進するのはどうしてなのでしょうか。
美肌効果は本当にあるの?
近年コーヒーがもたらす健康効果が注目されています。珈琲の成分として有名なカフェインやポリフェノールが癌・心臓病・動脈硬化・鬱病といった深刻な病気の予防になることが期待されています。
コーヒーサプリの効果とは
近年コーヒーがもたらす健康効果が注目されています。珈琲の成分として有名なカフェインやポリフェノールが癌・心臓病・動脈硬化・鬱病といった深刻な病気の予防になることが期待されています。
生コーヒー豆エキスの効果
近年コーヒーがもたらす健康効果が注目されています。珈琲の成分として有名なカフェインやポリフェノールが癌・心臓病・動脈硬化・鬱病といった深刻な病気の予防になることが期待されています。
運動前にコーヒーを飲もう
運動前にコーヒーを飲むことで脂肪の燃焼効率が飛躍的に高まるといわれています。どうしてコーヒーを飲むと脂肪の燃焼効果が高まるのでしょうか。

健康 ダイエット 珈琲の成分 珈琲の種類 美味しい珈琲 砂糖・ミルク 器具の選び方 副作用