コーヒーの効能/珈琲成分がもたらす健康効果まとめ!

コーヒーに砂糖・ミルク入れは邪道という風潮の原因

コーヒーにミルクや砂糖を入れる派?入れない派?これって結構よく聞かれる質問ですよね。ただの好みの問題なのでわりとどうでもいい気もしますが、気になっちゃう人が多いみたいです。

 

日本では『コーヒーに砂糖やミルクを入れるなんて邪道だ』という少々強硬とも思える意見も耳にします。

 

 

日本の「コーヒー感」について

あと砂糖やミルクを入れるのは子供っぽいというイメージもなんだか定着しちゃってるみたいで、本当は入れたいのに人前では無理してブラックで飲んでいるという人もいるみたい。

 

でもコーヒーに王道も邪道もありません。自分好みの味で楽しめばいいだけです。色々な飲み方ができるのがコーヒーの面白いところですからね。

 

デザートにもできて料理にも使えて飲んでも美味しいなんて汎用性抜群な食品なんてめったにありません。

 

海外では砂糖やミルクを入れるのが普通

ちなみに世界的に見ればコーヒーには砂糖やミルクを入れるのがむしろ普通です。

 

それも日本よりもはるかにコーヒーの消費量が多い国でのことなので「ブラックじゃなきゃコーヒー通とはいえない」みたいな日本の風潮は海外ではかなり珍しがられると思いますよ。

 

イタリアなんかはエスプレッソに砂糖が溶けきれないほど大量に入れるくらいです(笑)

 

日本でブラックが好まれる理由

あまり濃い味を好まない日本人の舌に合うということですかね。

 

シンプルな味を好む傾向にありますので、コーヒーそのものの香りや味を大事にしたいという人が多いみたいです。

 

実際アンケートとかでもコーヒーが好きな人ほどブラックで飲む傾向が強いみたいですね。

 

【参考:http://chosa.nifty.com/gourmet/chosa_report_A20130329/7/】

page top