コーヒーの効能/珈琲成分がもたらす健康効果まとめ!

<スポンサードリンク>

コーヒーに合う砂糖の種類

コーヒーと合う砂糖・合わない砂糖を紹介しています。◎で評価しているのがおすすめ。○がまあまあおすすめ。△はあまりおすすめできないけど人によっては・・・。×はおすすめできない。という評価です。

 

コーヒーシュガー(相性◎)

コーヒーシュガーというのは氷砂糖とカラメル溶液を組み合わせたものです。これはかなり相性がいいと思います。

 

グラニュー糖(相性◎)

私たちが普段使いなれている一般的な砂糖のことです。王道で癖がない純粋な甘みが特徴といえば特徴。

 

上白糖(相性◎)

かなり高品質な白砂糖のことです。グラニュー糖より甘みが際立っていてこちらもコーヒーにはとても合います。

 

ブラウンシュガー(相性○)

まあ簡単にいえば色々な砂糖の総称のことです。メイプルシロップのような味が特徴でミネラルが豊富です。勿論コーヒーとの相性は抜群です。

 

三温糖(相性△)

砂糖をつくる最後の過程でグラニュー糖や上白糖を取り出すときに残る密で作られる砂糖のことです。ただ甘さとコクが強すぎてコーヒーの独特の風味と味を相殺してしまうのでコーヒーとの相性はあまり良くないです。

 

氷砂糖(相性○)

その名の通り氷のような砂糖のこと。普通コーヒーにはいれません。飴のように舐めるお菓子のようなものです。・・・ですがホットコーヒーに入れて少しずつ溶かしていくと意外に美味しいです。

 

液糖(相性○)

いわゆるガムシロップみたいなものですね。砂糖を溶かす手間がないので楽です。

 

ザラメ糖(相性×)

スクロースという砂糖の主成分を結晶化させた砂糖のことです。主成分の塊なので純度が高く甘さが半端ないです。コーヒーの良さは完全といっていいほどに打ち消されます(笑)

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

コーヒーにいれるミルクと牛乳の違いは?
コーヒーのミルクと普通の牛乳はどう違うの?という疑問を持っている人が多そうなので解説させていただきます。
コーヒーに入れる砂糖の量はどれくらいが適量?
コーヒーをブラックでしか飲まないという人には無縁の話かもしれませんが、コーヒーに砂糖を入れる人にとっては「どれくらいの量が美味しく飲むのに適量なのか」というのは気になるところですよね。
砂糖とミルクを入れる順番は?
コーヒーに砂糖とミルク両方入れる場合は、ミルクが先?砂糖が先?と迷ったことはないでしょうか。実はこれアイスコーヒーの場合とホットコーヒーの場合では順番が異なるのです。
砂糖・ミルク入れは邪道なの?
コーヒーにミルクや砂糖を入れる派?入れない派?これって結構よく聞かれる質問ですよね。ただの好みの問題なのでわりとどうでもいい気もしますが、気になっちゃう人が多いみたいです。

健康 ダイエット 珈琲の成分 珈琲の種類 美味しい珈琲 砂糖・ミルク 器具の選び方 副作用