コーヒーの効能/珈琲成分がもたらす健康効果まとめ!

コーヒーにいれるミルクと牛乳の違いは?

コーヒーのミルクと普通の牛乳はどう違うの?という疑問を持っている人が多そうなので解説させていただきます。

 

コーヒーフレッシュとは

コーヒーを頼むとついてくるミルクのことは正式には「コーヒーフレッシュ」と呼びます。普通は液体状ですが粉末タイプのパウダーもあり、そちらは「グリーミングパウダー」と呼ばれています。

 

 

コーヒーフレッシュと牛乳の違い

一般にはミルクと呼称されることが多いコーヒーフレッシュというのは植物油に水と乳化剤を入れたものです。

 

牛乳というのはいわずもがな乳飲料のことです。乳製品、つまり動物の乳を加工してつくられる製品のことですね。

 

ようするに牛乳とコーヒーフレッシュというのは全くの別物なんです。

 

コーヒーフレッシュを牛乳で代用する

味については好みが分かれるところですが、コーヒーフレッシュは乳製品ではないので乳糖不耐症の人でも飲むことができるというメリットがあります。

 

ちなみに私はコーヒーフレッシュよりも牛乳の自然の味のほうが好きなので、家でコーヒーを飲む時は代用として普通の牛乳を使っています。

 

それに牛乳のほうがコスパが良いですしね。コーヒーフレッシュは美味しいやつは結構高いです。

 

■コーヒーフレッシュの主要メーカー
・メロティアン
・ネスレ日本
・めいらくグループ
・味の素ゼネラルフーヅ
・明治乳業
・日世
・雪記メグミルク

page top