コーヒー1杯分のコーヒー豆の目安量

コーヒー1杯分のコーヒー豆の目安量

コーヒー1杯分に相当するコーヒー豆の目安量はどのくらいなのでしょうか?

 

コーヒー1杯分の豆の目安量は?

コーヒー豆10粒で大体1グラム程度です。そしてコーヒー1杯分に必要なのは大体10グラム程度のコーヒー豆ですね。

 

なのでコーヒー1杯100粒、10グラム程度・・・という目安で考えればいいかと思います。

 

 

ただここで注意してほしいのは、2杯飲むなら20グラム、3杯飲むなら30グラム・・・という単純な計算ではなく、1杯増やすごとに少しずつ量は減らすようにしてください。

 

例えば2杯の場合は20gより少し少なめの17g、3杯の場合は30gより少し少なめの25g・・・といった具合です。

 

どうしても単純計算で飲む杯数ぶんだけ豆量を入れてしまうと味が濃くなってしまうのです。

 

コーヒー豆の量が増えるほど味が濃くなる理由

これはドリッパーの用量に対して、粉の量が増えますので、お湯が落ちる時間がそれだけ長くなるためです。

 

抽出時間が長くなればなるほど味は濃くなりますから、コーヒー豆の量はその濃くなる分も考慮して決定することが推奨されます。

 

この知識は客人を複数家に迎える場合に役に立つと思いますよ。

page top