コーヒー豆をそのまま食べる!?その効果や害

コーヒー豆をそのまま食べる!?その効果や害

当サイトでは飲むコーヒーの効果を紹介していますが、今回はコーヒー豆を食べる効果について紹介していきます。あえてコーヒー豆の状態で食べることに何の意味があるのか、そもそもどうやって食べるのか、その辺りを中心にお話しています。

 

コーヒー豆をそのまま食べるメリット

コーヒー豆をそのまま食べるメリットとしては以下のような点が挙げられるかと思います。

 

  • コーヒー液には抽出されないたんぱく質や食物繊維が摂取できる。
  • 口臭防止効果がある。
  • 眠気覚ましに効果がある。
  • 禁煙対策に効果的。

 

 

コーヒー豆の味は?美味しいの?

コーヒー豆というのはそのまま食べると苦みや酸味が強すぎて、正直あまり美味しいものではないかもしれません。

 

食感もぼそぼそして決して良い物ではないので、無理して食べることもないと思います(笑)

 

コーヒー豆を食べる害について

また細かく砕けたコーヒー豆は喉に詰まりやすいということもあるので、呼吸器官に障害のある人などは避けたほうが良いでしょう。

 

コーヒー豆を食べるというのは害というかデメリットもあって、コーヒーを飲む時のようなリラックス効果はないかと思いますし、農薬の心配もありますよね。

 

食べる目的でコーヒー豆を買うのなら農薬の有無について事前に確認しておいたほうがいいと思います。

page top