コーヒー豆の焙煎方法

コーヒー豆の焙煎方法

コーヒー豆の焙煎方法についてわかりやすく紹介しています。

 

焙煎とは

コーヒー豆の焙煎というのはコーヒーの生豆を、火を用いることで「炒る」工程のことを指しています。私たちの家にあるのは大抵この焙煎後のコーヒー豆になります。(おそらく生からコーヒーを作るという人は相当マニアック)

 

 

コーヒー豆の焙煎方法

コーヒー豆の焙煎方法にはフライパンを用いる方法と、手回し式焙煎器を用いる方法、それから電動式焙煎器を用いる方法があります。それぞれの特徴について下記にしるします。

 

■フライパン
実はコーヒー豆はフライパンでも焙煎することができます。焦げないようにべらでかき混ぜならが中火で炒ることで誰でも簡単に焙煎可能です。

 

■手回し式焙煎器
手回しできる筒に生の豆をいれ、筒の直下に設置されているアルコールランプの火をかざしながら焙煎するタイプです。

 

■電動式焙煎器
電動式の焙煎器で最近の主流になります。熱風により焙煎するタイプですね。

 

いかがでしたでしょうか?コーヒーというのは焙煎から3日後が絶品といわれています。たまには生豆を買ってきて自宅で焙煎してから3日後に飲んでみてはいかがでしょう。

page top