コーヒー栽培の方法や条件をわかりやすく解説

コーヒー栽培の方法や条件をわかりやすく解説

コーヒーの品質は生育環境に非常に大きく左右されます。今回は美味しいコーヒー豆を栽培するのに必要な条件を紹介しています。

 

コーヒー栽培の方法

コーヒーノキを適切な環境・条件のもとで育てることでコーヒー豆を収穫することができます。その環境や条件を以下にまとめました。

 

■コーヒーノキとは
アカネ科コーヒーノキ属の植物のことです。文字そのまんまでコーヒーの原料となるコーヒー豆がとれます。全国で150億本ものコーヒーノキが栽培されているといわれています。

 

雨季・乾季をあわせもつ気候

植物の成長には水分が必要なことは言うまでもないですが、コーヒーの場合は水分だけでなく乾燥というのは生育条件になります。そのため雨がよく降ること、乾燥期もくることがコーヒーの生育に必要な気候です。

 

 

環境

中南米では標高が高いところほど品質が高いコーヒーとされています。これは赤道に近くもともとの気温が高いことが理由です。赤道から遠ざかるほど低地中心の栽培になり、標高以外の土壌・雨量といった要素に品質が左右されるようになります。

 

日当たり

日当たりが良い場所のほうが元気なコーヒーノキが育ちます。ただしあまりにギンギン照りも葉が焼けてしまうので問題です。午前中は日があたるけど、午後からは日陰になる・・・というような条件の適度に日が当たる場所が望ましいです。

 

赤道とコーヒー栽培の関係

コーヒーが栽培されているのは赤道付近の熱帯や亜熱帯が中心になります。北24〜南緯25度までの地域はコーヒーの主要生産国になるため「コーヒーベルト」と呼ばれています。

page top