コーヒーの効能/珈琲成分がもたらす健康効果まとめ!

インスタントコーヒーの美味しい飲み方

職場などで何かとお世話になる機会が多いインスタントコーヒーを美味しく入れる方法を紹介しています。

 

お湯の温度

お湯は沸騰させすぎないのがポイントです。温度としては90度くらいがちょうどいいです。

 

沸かしてから少しだけ時間をおくとこのくらいの温度になります。見極めとしては沸かした直後ボコボコ波打っていた湯の表面が静かになった時が90度くらいです。

 

またポットで沸かすときは設定温度を95度にしておけば実際には90度くらいの温度になるらしいです。

 

カップを温めておこう

カップにコーヒーを入れる前にお湯を入れておき温めておきましょう。

 

紅茶やコーヒーを入れる時の基本ですね。カップに液体の温度が奪われると香りや風味が損なわれてしまいます。

 

飲食店なんかでも冷たいお皿に料理を盛り付けないのと同じです。

 

 

コーヒーの分量

日本インスタントコーヒー協会の発表した見解によればティースプーン一杯でお湯140ml相当が最適みたいです、

 

マグカップを使うのならティースプーン山盛り1杯にお湯190mlが最適みたいですね。

 

適量に関しては商品ごとに異なるので、購入した製品のパッケージの推奨量を確認するようにしましょう。

 

コーヒーの保存に関して

コーヒーも開封後には酸化が進んで時間とともに味は劣化していきます。

 

ですが保存方法をしっかりしておけば長持ちしておくので、開封後は高温や湿気が多い場所は避けてしっかりと密閉させておきましょう。

page top