コーヒーの効能/珈琲成分がもたらす健康効果まとめ!

<スポンサードリンク>

インスタントコーヒーの美味しい飲み方

職場などで何かとお世話になる機会が多いインスタントコーヒーを美味しく入れる方法を紹介しています。

 

お湯の温度

お湯は沸騰させすぎないのがポイントです。温度としては90度くらいがちょうどいいです。

 

沸かしてから少しだけ時間をおくとこのくらいの温度になります。見極めとしては沸かした直後ボコボコ波打っていた湯の表面が静かになった時が90度くらいです。

 

またポットで沸かすときは設定温度を95度にしておけば実際には90度くらいの温度になるらしいです。

 

カップを温めておこう

カップにコーヒーを入れる前にお湯を入れておき温めておきましょう。

 

紅茶やコーヒーを入れる時の基本ですね。カップに液体の温度が奪われると香りや風味が損なわれてしまいます。

 

飲食店なんかでも冷たいお皿に料理を盛り付けないのと同じです。

 

コーヒーの分量

日本インスタントコーヒー協会の発表した見解によればティースプーン一杯でお湯140ml相当が最適みたいです、

 

マグカップを使うのならティースプーン山盛り1杯にお湯190mlが最適みたいですね。

 

適量に関しては商品ごとに異なるので、購入した製品のパッケージの推奨量を確認するようにしましょう。

 

コーヒーの保存に関して

コーヒーも開封後には酸化が進んで時間とともに味は劣化していきます。

 

ですが保存方法をしっかりしておけば長持ちしておくので、開封後は高温や湿気が多い場所は避けてしっかりと密閉させておきましょう。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

栽培の方法や条件
コーヒーの品質は生育環境に非常に大きく左右されます。今回は美味しいコーヒー豆を栽培するのに必要な条件を紹介しています。
最適なお湯の温度
コーヒーを美味しく入れるためにはお湯の温度にもこだわりを持ちましょう。
ブレンド方法
ブレンドコーヒーという発明はコーヒーという飲み物が人を飽きさせない最大の要因になりました。
コーヒー豆の焙煎方法
コーヒー豆の焙煎方法についてわかりやすく紹介しています。
コーヒー豆をそのまま食べる!?その効果や害
当サイトでは飲むコーヒーの効果を紹介していますが、今回はコーヒー豆を食べる効果について紹介していきます。あえてコーヒー豆の状態で食べることに何の意味があるのか、そもそもどうやって食べるのか、その辺りを中心にお話しています。
コーヒー豆をフライパンで焙煎する方法
コーヒー豆の焙煎というと特別な器具が必要といイメージを持っているかもしれませんが、実はどこにでもある家庭のフライパンでも焙煎することができるのです。今回はコーヒー豆の焙煎方法を紹介したいと思います。
コーヒー1杯分のコーヒー豆の目安量
コーヒー1杯分に相当するコーヒー豆の目安量はどのくらいなのでしょうか?
コーヒー豆の選び方
初心者でも簡単なコーヒー豆の選び方を紹介しています。コーヒー豆というのは一見して全て同じように見えますが、どういった所に着目して選ぶべきなのでしょうか。今回は3つの点に絞って紹介しています。
コーヒー豆の粗さ(挽き方)による味の違い
コーヒー豆の粗さと味の関係というのは、自分が理想とする美味しいコーヒーを飲む上で役立つ知識になります。
コーヒー豆からカフェインを抽出する方法
コーヒー豆からカフェインを抽出する方法を紹介しています。
ノンカフェインコーヒーの作り方
健康上の理由でコーヒーのカフェインを避けたい人もいるでしょう。今回はそんな人たちの為にカフェインがほとんど含まれていないノンカフェインコーヒー(デカフェ、カフェインレスコーヒー)の作り方を紹介したいと思います。
バターコーヒーの作り方
前回の記事ではバターコーヒーとは何なのか?どのような効果があるのか?といったことを紹介しました。今回はそのバターコーヒーの作り方を紹介したいと思います。
コーヒー豆が膨らまない理由
ドリップ式コーヒーを抽出しようとお湯を注ぐと、まるでカップケーキのようにふっくら膨らみますよね。見ているだけで美味しそうでこれを見るのもコーヒーの楽しみの1つですが、いくつかの原因があると膨らまなくなります。今回はその膨らまない原因についてのお話です。
コーヒー豆の水出し方法【水出しコーヒーの作り方】
コーヒー豆の水出し方法、つまり水出しコーヒーの作り方について解説しています。

健康 ダイエット 珈琲の成分 珈琲の種類 美味しい珈琲 砂糖・ミルク 器具の選び方 副作用