コーヒー豆が膨らまない理由

コーヒー豆が膨らまない理由

ドリップ式コーヒーを抽出しようとお湯を注ぐと、まるでカップケーキのようにふっくら膨らみますよね。見ているだけで美味しそうでこれを見るのもコーヒーの楽しみの1つですが、いくつかの原因があると膨らまなくなります。今回はその膨らまない原因についてのお話です。

 

 

何故膨らまないのか

ドリップ式コーヒーで抽出する際に、どうして膨らむのかというと、これはコーヒー豆にある無数の空洞に溜まっている「炭酸ガス」がお湯によって外に一気に放出されるからです。

 

ところが焙煎したコーヒー豆というのは、空気に触れることでじょじょに酸化していきガスも抜けていきます。

 

お湯を注いで膨らまなくなったということは焙煎してから時間が経ち過ぎてほとんどガスが抜け切ってしまったということを意味しています。

 

コーヒー豆は新鮮なのに膨らまない場合

コーヒー豆が新鮮にも関わらず膨らまない場合は以下の原因が考えられます。

 

1.お湯の温度が低かったとも考えられます。コーヒーを入れるお湯の温度としては90度前後が適温といわれています。

 

2.浅煎りで空洞が形成されておらず炭酸ガスの発生がほとんどなかった可能性も。

 

3.極細挽きなので空洞がほとんど破壊されてしまっている

 

またスーパーなどに売っている豆は膨らまないことが多いです。長いこと同じものが陳列されていますので、鮮度が良いとはいえません。

 

鮮度が良い豆が欲しいなら、できればその場で焙煎してくれるコーヒー豆の専門店で購入するようにしましょう。

page top