コーヒーのアレルギー検査について

コーヒーのアレルギー検査について

コーヒーの成分がアレルゲンとなり、コーヒーを飲んだあとに吐き気や頭痛、喉の痛みなどの症状を訴える人は少なくありません。もしもコーヒーを飲んだ後に何らかの体調不良を経験したことがあるのならアレルギー検査を受けておきましょう。

 

 

コーヒーアレルギーの原因とは

私の姉がコーヒーを飲むと吐き気や胃のむかむかなどの症状が現れます。

 

コーヒーですのでカフェインが原因かと思ったのですが、緑茶や紅茶が大丈夫なので、じゃあ何が原因なの?と不思議になりアレルギー検査を受けました。

 

ただよくよく先生に聞くとカフェインというのは中毒症状が出ることはあるのですが、アレルギー症状というのはあまりないそうです。

 

食物アレルギーというのは蛋白のような異物に対し、過剰に免疫機構が働いてしまうことで起こります。

 

なので私の姉の場合結局原因不明でした。なんでもアレルギーは全体の9割くらいは原因不明で処理されるそうです。

 

アレルギー検査のかいもなく、対策としてはコーヒーを飲まないようにすることくらいです。

 

アレルギー検査は何科?

アレルギー検査を行っているのはアレルギー科や膠原病科、皮膚科などになるかと思います。ただ実際に行く前に電話で確認しておいたほうがいいでしょう。コーヒーを飲んでどのような症状がでるのか、何科に診てもらうのだ妥当なのか。と聞くと正しい情報がわかります。

page top