コーヒーを飲むと喉が渇く原因

コーヒーを飲むと喉が渇く原因

コーヒーを飲むと逆に喉が渇く・・・その原因は何なのでしょうか?

 

喉が渇く原因はおそらく利尿作用

コーヒーを飲むと喉が渇く・・・というのはおそらくコーヒーにある利尿作用のせいでしょう。

 

 

コーヒーのカフェインを摂取する⇒交感神経が刺激される⇒交感神経が刺激されると腎臓の血管が拡張される⇒腎臓の血液ろ過量が増加⇒腎臓における水分の再吸収の抑制⇒利尿作用で水分が体外に排出

 

このようなメカニズムが働くためコーヒーを飲めばそれだけ水分も体外に排出されます。水分は出せばそれだけ体が欲するようになりますからコーヒーを飲むと喉が渇くのでしょう。

 

水分補給には向かないコーヒー

利尿作用があるせいでコーヒーを飲みすぎたら脱水症状になることもあるので注意してください。コーヒーは喉をうるおすというより、喉の枯渇を招くものと考えたほうがいいです。

 

水分補給がしたいのなら普通に水かお茶にしておきましょう。あるいはコーヒーを飲む時は水も一緒に飲むといいですよ。

page top