コーヒーを飲むと気持ち悪い!吐き気の原因

コーヒーを飲むと気持ち悪い!吐き気の原因

まれにコーヒーを飲むと気持ち悪くなってしまうという人がいます。付き合いでコーヒーを勧められたり頂いたりすることもありますから断りづらい人にとってはつらいですよね。しかしどうしてコーヒーを飲むと気持ち悪くなったり吐き気がしたりするのでしょうか。原因について調べてまとめました。

 

 

気持ち悪くなる、吐き気の原因とは

まずコーヒーを飲んでお腹を壊したり、吐き気を催す人というのは決して珍しくありません。なのであまり悲観的にならずこういうこともあるんだー程度にとらえておきましょう。

 

さて原因についてですが、アレルギー症状か中毒症状のどちらかだと思います。

 

原因物質として最も可能性が高いのはおそらくカフェイン。カフェインは人に良い影響もありますが、悪いほうにも影響することもあります。

 

胃の不調かも?

コーヒーに対してどうこうというよりも、胃に何か疾患があったり、状態が悪かったりした場合も気持ち悪くなる場合があります。

 

病気でなくとも空腹時や疲れているときなどにコーヒーを胃に入れると気持ち悪くなることはよくありますね。

 

とにかく気持ち悪くなってしまったら、水を飲んだりお茶を飲んだりして胃の中のコーヒーを薄めてみてください。

page top