コーヒーを飲みすぎると尿管結石になる?!

コーヒーを飲みすぎると尿管結石になる?!

コーヒーを飲みすぎると尿管結石になるリスクが上がるという話を耳にしたので、その真偽のほどを調べてみました。コーヒー好きとしては気になるところですからね。

 

カフェインが尿管結石の原因に?

結石というのはシュウ酸・カルシウム・尿酸からできています。結石の原料となるこれらの量が増えると結石ができやすくなります。

 

そしてコーヒーのカフェインを摂取することで尿にカルシウム量が増え、さらに尿酸も含まれています結石もできやすくなるということになります。

 

 

尿管結石を予防するには

尿の濃度を下げれば結石ができるリスクも小さくなります。コーヒーと一緒に水を飲むようにしましょう。

 

そもそも飲みすぎないことが大事ですね。【コーヒーの1日の適量は?】でも解説しましたがコーヒーは1日3~4杯くらいが適量とされています。

 

カフェインの摂取量の上限とされているのが約400mgとされていますので、コーヒー1杯のカフェイン量が60mgと考えれば1日あたり3~4杯が適量なんですね。

page top