コーヒーで胃もたれ?解消法は?

<スポンサードリンク>

コーヒーで胃もたれ?解消法は?

コーヒーで胃もたれになる原因とその解消法について解説しています。

 

コーヒーで胃もたれになる原因

結論からいえばコーヒーで胃もたれになってしまうのはコーヒーに含まれているカフェインに胃酸の分泌を促進させる作用があるためです。

 

胃酸の分泌を促すというのは胃に内容物がある場合なら消化を促進してくれるので良いのですが、空腹時に胃酸の分泌が多いと胃の粘膜が荒れて胃もたれに繋がってしまうのです。

 

なのでコーヒーで胃もたれをするというのは空腹時にコーヒーを飲むことで起こることが多いです。

 

お腹の空きをコーヒーでごまかす人は多いですが、胃のことを考えればあまりおすすめしません。

 

胃もたれを解消するには

食後に飲む

胃もたれを防ぐ最も簡単な方法は空腹時に飲むことを避けて、食後に飲むようにすることです。

 

食後に飲むのは消化を助けることになるのでかえってお腹が軽くなりますのでおすすめです。

 

ミルクや豆乳を入れる

空腹時でもコーヒーを飲みたい場合はミルクや豆乳で薄めるなどして飲むことをおすすめします。

 

とくに豆乳というのは胃もたれ解消にも良い飲み物としても知られていて、コーヒーのカフェインとは逆に胃の粘膜を保護してくれる働きを持っています。

 

コーヒーと豆乳を混ぜてホットで飲むと体を温めリラックス効果もありますし何より美味しいです。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

「眠気覚ましにコーヒー」は実は効果がなかった!?
『眠気覚ましにはコーヒー』これはかなり昔から常識のようにいわれていることですが、実はあまり効果がないことがわかってきています。
コーヒーでカフェイン中毒になりかねない摂取量
コーヒーを飲むうえでカフェイン中毒を気にされる方が多いようなので、そうならないための予防方法や注意点をまとめました。
コーヒーとタバコの組み合わせについて
タバコとコーヒーの組み合わせが体に良くないという噂を聞いたのでそれについて調べてみました。
コーヒーに砂糖を入れると眠くなる?
コーヒーといえば眠気覚ましの飲み物として有名ですが、砂糖を入れると逆に眠くなってしまうという話もあります。コーヒーを飲むと眠くなるというあなた。缶の成分表記にはっきりと「砂糖」と書いてありませんか?
コーヒーのクロロゲン酸の副作用
クロロゲンの効果・効能についてはすでにお話させていただきました。本当に良い話ばかりではありません。過剰摂取をした場合の副作用についてもきちんと知っておきましょう。
コーヒーの飲みすぎ・過剰摂取で病気になる?
コーヒーの飲みすぎは病気につながったり体調を崩すともいわれています。
コーヒーを飲むべき時間・飲んではいけない時間
コーヒーを飲むのにいちいち時間帯を気にする人というのはそこまで多くはないでしょう。 せいぜい夜寝る前には飲まないようにするとかその程度だと思います。 ですが「コーヒーを飲んではいけない時間帯が存在する」という面白い話を聞いたので今回はそれについて掘り下げて解説していきたいと思います。
コーヒーアレルギーの症状
吐き気やじんましんといった症状がでることもあるコーヒーアレルギーについて解説しています。
コーヒーのアレルギー検査について
コーヒーの成分がアレルゲンとなり、コーヒーを飲んだあとに吐き気や頭痛、喉の痛みなどの症状を訴える人は少なくありません。もしもコーヒーを飲んだ後に何らかの体調不良を経験したことがあるのならアレルギー検査を受けておきましょう。
コーヒーが栄養の吸収を阻害するって本当?
コーヒーというのは様々な効能を持つ飲料ではありますが同時に飲み方を間違えてしまうと栄養の吸収を阻害する飲み物にもなりかねません。今回はやってはいけないコーヒーの飲み方を紹介しています。
コーヒーを飲みすぎると尿管結石になる?!
コーヒーを飲みすぎると尿管結石になるリスクが上がるという話を耳にしたので、その真偽のほどを調べてみました。コーヒー好きとしては気になるところですからね。
コーヒーを飲むと気持ち悪い!吐き気の原因
まれにコーヒーを飲むと気持ち悪くなってしまうという人がいます。付き合いでコーヒーを勧められたり頂いたりすることもありますから断りづらい人にとってはつらいですよね。しかしどうしてコーヒーを飲むと気持ち悪くなったり吐き気がしたりするのでしょうか。原因について調べてまとめました。
コーヒーを飲むと喉が渇く原因
コーヒーを飲むと逆に喉が渇く・・・その原因は何なのでしょうか?
コーヒー豆の農薬について
コーヒー豆の農薬について心配される方が以外に多いみたいですので、コーヒー豆と農薬というテーマでお話しています。

健康 ダイエット 珈琲の成分 珈琲の種類 美味しい珈琲 砂糖・ミルク 器具の選び方 副作用