コーヒーで胃もたれ?解消法は?

コーヒーで胃もたれ?解消法は?

コーヒーで胃もたれになる原因とその解消法について解説しています。

 

コーヒーで胃もたれになる原因

結論からいえばコーヒーで胃もたれになってしまうのはコーヒーに含まれているカフェインに胃酸の分泌を促進させる作用があるためです。

 

胃酸の分泌を促すというのは胃に内容物がある場合なら消化を促進してくれるので良いのですが、空腹時に胃酸の分泌が多いと胃の粘膜が荒れて胃もたれに繋がってしまうのです。

 

なのでコーヒーで胃もたれをするというのは空腹時にコーヒーを飲むことで起こることが多いです。

 

お腹の空きをコーヒーでごまかす人は多いですが、胃のことを考えればあまりおすすめしません。

 

 

胃もたれを解消するには

食後に飲む

胃もたれを防ぐ最も簡単な方法は空腹時に飲むことを避けて、食後に飲むようにすることです。

 

食後に飲むのは消化を助けることになるのでかえってお腹が軽くなりますのでおすすめです。

 

ミルクや豆乳を入れる

空腹時でもコーヒーを飲みたい場合はミルクや豆乳で薄めるなどして飲むことをおすすめします。

 

とくに豆乳というのは胃もたれ解消にも良い飲み物としても知られていて、コーヒーのカフェインとは逆に胃の粘膜を保護してくれる働きを持っています。

 

コーヒーと豆乳を混ぜてホットで飲むと体を温めリラックス効果もありますし何より美味しいです。

page top