コーヒーの効能/珈琲成分がもたらす健康効果まとめ!

コーヒーが栄養の吸収を阻害するって本当?

コーヒーというのは様々な効能を持つ飲料ではありますが同時に飲み方を間違えてしまうと栄養の吸収を阻害する飲み物にもなりかねません。今回はやってはいけないコーヒーの飲み方を紹介しています。

 

 

薬をコーヒーで飲む

粉末状や錠剤の薬やサプリメントを飲むときは水を使う人がほとんどだと思いますが、この時にコーヒーを代わりに使うのはNGです。

 

なぜならカフェインと薬の成分が結合してしまい、体内に吸収されずに輩出されてしまうためです。

 

コーヒーだけでなく緑茶や紅茶にもカフェインは含まれます。薬やサプリを飲むときはあくまで水にしておきましょう。

 

鉄分と一緒に飲む

鉄分を摂取したい時にコーヒーを一緒に飲むのはNGです。コーヒーに含まれているタンニンは鉄の吸収を阻害してしまいます。

 

コーヒーを飲みすぎると貧血になるというのはこの鉄の吸収を阻害してしまう性質のせいです。

 

貧血気味の人なんかは特に注意してください。レバーやひじきといった食品でせっかく鉄を摂り入れてもコーヒーで無意味になってしまう可能性があります。

 

カフェインの摂り過ぎに注意

カフェインの摂り過ぎは近年よく注意喚起されますね。カフェイン中毒になってしまうと慢性的な睡眠不足や胃腸障害に悩まされることが多くなります。精神にも異常をきたすバカにはできない中毒症状なので摂取量はくれぐれも限度を超えないようにしてください。

page top