コーヒーアレルギーの症状

コーヒーアレルギーの症状

吐き気やじんましんといった症状がでることもあるコーヒーアレルギーについて解説しています。

 

 

コーヒーアレルギーとは

アレルギーというのは身体の免疫機能が働いて「異物」と判断したものを排除しようとする生理機能のことです。

 

ただし今のところは「コーヒーアレルギー」というものは正式なものではなく、そういったアレルギーは存在しないという考えの医師もいます。

 

ただコーヒーを飲んで具合が悪くなるという人がいるのは確かです、

 

コーヒーアレルギーの症状

コーヒーを飲むことでアレルギー的な症状が見られたら要注意です。具体的には以下のような症状が見られたらアレルギーの可能性があります。

 

・頭痛
・手の震え
・下痢
・体調の悪化
・蕁麻疹

 

コーヒーの場合のアレルギーというのは飲んでから数時間、数日たってからあらわれるような遅発性のものが多いです。

 

今まで平気だったのにある時から突然飲めなくなるということもあります。これは長年の蓄積により遅発性のアレルギーが発症したと考えるべきでしょう。

 

 

検査方法

コーヒーアレルギーかどうかの検査は実際病院でしてもらってください。IgG抗体検査により簡単に調べられます。

 

ただこの検査は保険適用外ですので費用はわりと高くついてしまいます。

 

そもそもコーヒーというのは刺激が強い飲み物であり飲み過ぎはもともと控えるべきだと医学界でも考えられています。

 

カフェイン中毒の可能性も

コーヒーの飲み過ぎはカフェイン中毒に繋がります。イライラや興奮や不安といった中毒症状、そして頭痛や吐き気といった体調不良にも繋がることがあります。

 

カフェイン中毒には1日は600mg以上摂取するとなる可能性が高いといわれています。

page top