コーヒーの効能/珈琲成分がもたらす健康効果まとめ!

コーヒーを飲むべき時間・飲んではいけない時間

コーヒーを飲むのにいちいち時間帯を気にする人というのはそこまで多くはないでしょう。

 

せいぜい夜寝る前には飲まないようにするとかその程度だと思います。

 

ですが「コーヒーを飲んではいけない時間帯が存在する」という面白い話を聞いたので今回はそれについて掘り下げて解説していきたいと思います。

 

 

コーヒーを飲んではいけない時間帯とは

『コーヒーは午前8時〜9時の間に飲んではいけない』

 

こう主張するのは神経科学の博士課程の学生Steven Millerさんです。

 

なんでもこの時間帯にカフェインを摂取することにより過剰にカフェインに対する耐性がついてしまい中毒の原因になりかねないのだとか。

 

それに加えこの時間帯に飲んでしまってはカフェインの覚醒効果も得られないのだそうです。

 

コルチゾールの作用がカフェインを抑制

朝のこの時間帯というのはカフェインの効果を抑制してしまう「コルチゾール」という物質が体内の副腎皮質からさかんに分泌されており、カフェインの覚醒作用はほぼ期待できないのだそうです。

 

コルチゾールというのは身体の覚醒を促す物質。朝の眠気を払うために人間がもとからもっている機能です。

 

つまり違う言い方をすればこの時間帯は「体がカフェインを欲していない」というわけなのです。

 

薬というのは身体が必要としていない時に摂取してしまえば耐性がついてしまい、以後その薬が効きにくくなってしまいます。

 

 

カフェイン中毒の原因になる?

それと同じ原理がカフェインにもいえて、体がカフェインを欲していないときにわざわざカフェインを摂取してしまえば以後カフェインが効きにくくなるのです。

 

そうなると、より多くのカフェインを求めるようになってしまい、最終的にカフェインの過剰摂取につながってしまう可能性がある・・・という話ですね。

 

あくまで1博士学生さんの見解ですのでこれが絶対とは思いませんが、理にはかなっています。

 

他にも正午〜13時、17時〜18時の間はコルチゾールの分泌がさかんになりコーヒーを飲むのを避けたほうがいいのだそうです。

 

ではコーヒーを飲むべき時間帯は?

じゃあいつ飲めば?というのは当然湧いてくる疑問ですよね。それについてもアドバイスをしてくれております。

 

午前中なら9時〜11時半の間が適しているそうですよ。体内のコルチゾール濃度が下降線をたどる時間帯だそうです。

 

コーヒーを飲んではいけない時間帯・・・なんて考えたことなかったですが、意識してみることにしました。

page top