コーヒーの効能/珈琲成分がもたらす健康効果まとめ!

コーヒーの飲みすぎ・過剰摂取で病気になる?

コーヒーの飲みすぎは病気につながったり体調を崩すともいわれています。

 

胃に悪い/胃炎・腹痛の原因に

コーヒーのカフェインを取りすぎてしまうと、胃液の分泌が過剰に促されてしまい胃が荒れてしまう原因になりかねません。とくに空腹時はこの現象が顕著にでるので、コーヒーは空腹時は飲まないほうがいいかもしれません。

 

脱水症状になる?

カフェインには利尿作用がありますので、とりすぎると過度に水分を排出することになってしまい、脱水症状になる可能性があります。また同時にカルシウムやカリウムも失うことになるので、筋肉痛の原因になる可能性があります。

 

 

頭痛につながる?

すべての人に言えることではありませんが、カフェインには脳の血管を収縮させる作用があります。コーヒーを飲みすぎることで頭痛につながることがあるといわれています。

 

はげになる?

コーヒーには髪をつくるのにかかせない亜鉛の吸収を妨げる作用があり、飲みすぎると薄毛になりやすいといわれています。またコーヒーの覚醒作用で睡眠の質が低下するのもその要因です。

 

対処法〜コーヒーは何杯まで飲んでいいの?〜

対処法としては簡単で「飲みすぎなければ良い」ということになるのですが、じゃあその飲みすぎの上限ってどうなのよ?という疑問は当然ありますよね。

 

これには色々な意見があるようですが、1日3〜4杯までというのが大方の意見のようでした。

 

コーヒーの飲みすぎで起こる症状まとめ
■落ち着きがなくなりそわそわする
■睡眠障害が起こる
■トイレに頻繁にいくようになる
■胃の調子が悪くなる
■筋肉が痙攣する
■頭痛がおきやすくなる

page top