コーヒーの効能/珈琲成分がもたらす健康効果まとめ!

コーヒーのクロロゲン酸の副作用

クロロゲンの効果・効能についてはすでにお話させていただきました。本当に良い話ばかりではありません。過剰摂取をした場合の副作用についてもきちんと知っておきましょう。

 

便秘が誘発される?

クロロゲン酸を過剰摂取することで便秘が起きやすくなることが報告されています。

 

糖尿病予備軍になる?

またコーヒー5、6杯分のクロロゲンを摂取することでブドウ糖を調整するインスリンの働きが鈍くなってしまい糖尿病になりやすくなってしまうとも言われています。コーヒーというと逆に糖尿病予防になるといわれていますが、飲みすぎると逆の結果を招くということですね。

 

 

コーヒーは1日4杯まで

基本的には健康にいいといわれるコーヒーですが、飲みすぎれば上記のような副作用をまねく可能性があります。

 

どんな飲み物・食べ物にも共通していえることですが「ほどほど」が一番健康に良いのです。

 

コーヒーは3〜4杯までが心臓病や糖尿病のリスクを低くする効果が期待できるといわれていますので、その範囲で無理なく続ければ良いと思いますよ。

 

最後に

まあクロロゲン酸の副作用といってもコーヒーを飲む分には含有量はわずかですので、そこまで気にすることはありません。

 

注意しなければならないのはコーヒー豆からクロロゲン酸のみを抽出したサプリメントを摂取する時です。

page top