コーヒーの効能/珈琲成分がもたらす健康効果まとめ!

<スポンサードリンク>

コーヒーのカリウム含有量はどれくらい?

コーヒーに含まれるカリウムの量と、カリウムの効能、そして不足するとでる症状についての解説です。

 

コーヒーに含まれるカリウムの量

200gの珈琲には大体200mg程度のカリウムが含まれています。

 

カリウムの含有量でいえば

 

缶コーヒー>インスタントコーヒー>ドリップコーヒー

 

となっています。

 

毎日1杯のインスタントコーヒーを飲むことは以下で紹介するカリウムの恩恵を受けられることになります。

 

カリウムの効果

カリウムは余分なナトリウムを体外に排出する作用を持っていますので、高血圧の予防や改善に効果があるといわれる成分です。

 

逆にカリウムが不足してしまうと筋力が低下したり、脱力感だったりイライラといった症状が見られるようになります。

 

また高血圧による心臓病や動脈硬化といった深刻な病気にも繋がるリスクも高まってしまいます。

 

カリウムが摂取できる食品

ナトリウムの摂り過ぎを調整できるカリウムの摂取は非常に大切です。以下にカリウムが豊富に含まれる食品を上げておきます。

 

・パセリ
・よもぎ
・アボガド
・納豆
・ぎんなん
・ゆりね

 

【参考:http://www.eiyoukeisan.com/calorie/nut_list/kalium.html】

 

カリウムの過剰摂取の懸念

尿で排出されますのでカリウムの過剰摂取を心配する必要はありません。ただし腎臓に障害を抱えている場合などはカリウムの排泄が難しくなり高カリウム血しょうのリスクがたかまってしまいます。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

カフェイン
近年コーヒーがもたらす健康効果が注目されています。珈琲の成分として有名なカフェインやポリフェノールが癌・心臓病・動脈硬化・鬱病といった深刻な病気の予防になることが期待されています。
ポリフェノール
コーヒーに含まれるポリフェノールはクロロゲン酸というものです。クロロゲン酸はコーヒーの独特の香りの元といわれています。今回はそのポリフェノールの効果・効能をまとめています。
クロロゲン酸
クロロゲン酸というのはコーヒーに含まれる成分として有名なポリフェノールの一種ですね。コーヒーがダイエットに有効だとされる理由はこのクロロゲン酸の脂肪燃焼促進効果のおかげだということはすでにお話しました。今回はこのクロロゲン酸について掘り下げて解説していきたいと思います。

健康 ダイエット 珈琲の成分 珈琲の種類 美味しい珈琲 砂糖・ミルク 器具の選び方 副作用