コーヒーの効能/珈琲成分がもたらす健康効果まとめ!

<スポンサードリンク>

コーヒーのクロロゲン酸のダイエット効果

クロロゲン酸というのはコーヒーに含まれる成分として有名なポリフェノールの一種ですね。

 

コーヒーがダイエットに有効だとされる理由はこのクロロゲン酸の脂肪燃焼促進効果のおかげだということはすでにお話しました。

 

今回はこのクロロゲン酸について掘り下げて解説していきたいと思います。

 

クロロゲン酸とは

上述の通りコーヒー豆に含まれている成分のことです。ですがコーヒーだけに含まれているわけではなく

 

・ナス科
・セリ科
・キク科

 

などの植物にも多く含まれているのですよ。

 

コーヒーには5〜10%の割合で含まれており、コーヒー特有の香りや味わいはクロロゲン酸のものです。

 

クロロゲン歳がダイエットに効果的な理由

体内の脂肪燃焼に深く関与しているのは「ミトコンドリア」です。ミトコンドリアは体内に取り込まれた脂質を燃焼してエネルギーに変換する役割を担っています。

 

そしてクロロゲンの役割はそのミトコンドリアの活動を活発化させることができるのです。

 

※クロロゲン酸のクロロという言葉は「緑」という意味で使われています。

 

だからクロロゲンを多く摂取するとミトコンドリアが積極的に脂質をエネルギーに変換してくれるようになり、脂肪がつきにくくなるというわけです。

 

この効果が表れるのは体内にもとからある脂肪、入ってくる脂肪両方です。

 

クロロゲン酸の効果まとめ
■脂肪の燃焼促進
■大腸がんや肝臓がんといった肝臓の疾患を予防
■活性酸素を除去し病気リスクを低減
■胃液の分泌を促進する

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

カフェイン
近年コーヒーがもたらす健康効果が注目されています。珈琲の成分として有名なカフェインやポリフェノールが癌・心臓病・動脈硬化・鬱病といった深刻な病気の予防になることが期待されています。
ポリフェノール
コーヒーに含まれるポリフェノールはクロロゲン酸というものです。クロロゲン酸はコーヒーの独特の香りの元といわれています。今回はそのポリフェノールの効果・効能をまとめています。
カリウム
近年コーヒーがもたらす健康効果が注目されています。珈琲の成分として有名なカフェインやポリフェノールが癌・心臓病・動脈硬化・鬱病といった深刻な病気の予防になることが期待されています。

健康 ダイエット 珈琲の成分 珈琲の種類 美味しい珈琲 砂糖・ミルク 器具の選び方 副作用