コーヒーの効能/珈琲成分がもたらす健康効果まとめ!

<スポンサードリンク>

コーヒーのポリフェノールの効果・効能

コーヒーに含まれるポリフェノールはクロロゲン酸というものです。クロロゲン酸はコーヒーの独特の香りの元といわれています。今回はそのポリフェノールの効果・効能をまとめています。

 

ポリフェノールの含有量は?

コーヒーに含まれるポリフェノールは、コーヒー1杯に対して5〜10%の割合で含まれているらしいです。

 

結構多いのですね。これは生のコーヒー豆10gあたり300mg相当に値します。

 

ちなみにポリフェノールというのは熱にあまり強くないので、生コーヒー豆が焙煎される過程で消失しています。

 

そのためコーヒーよりも生コーヒー豆のほうがかなり多くの含有量を誇っています。

 

まあとはいえ生のコーヒー豆をそのままボリボリ食べるわけではありません。生のコーヒー豆を焙煎せずに粉末加工したもの、錠剤にしたもの摂取するのが普通です。

 

ポリフェノールのクロロゲン酸をそのままの形で摂取できるというのはうれしいですよね。

 

コーヒーのポリフェノールの効果まとめ
■コレステロール値を下げ、動脈硬化の予防・改善に貢献する
■抗酸化作用で美肌作りに貢献する
■満腹中枢を刺激するので空腹感で食欲を抑制できる
■血糖値の上昇をゆるやかにして、ドカ食いを避けることができる
■糖尿病のリスクを軽減する
■肝臓病のリスクを軽減する

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

カフェイン
近年コーヒーがもたらす健康効果が注目されています。珈琲の成分として有名なカフェインやポリフェノールが癌・心臓病・動脈硬化・鬱病といった深刻な病気の予防になることが期待されています。
カリウム
近年コーヒーがもたらす健康効果が注目されています。珈琲の成分として有名なカフェインやポリフェノールが癌・心臓病・動脈硬化・鬱病といった深刻な病気の予防になることが期待されています。
クロロゲン酸
クロロゲン酸というのはコーヒーに含まれる成分として有名なポリフェノールの一種ですね。コーヒーがダイエットに有効だとされる理由はこのクロロゲン酸の脂肪燃焼促進効果のおかげだということはすでにお話しました。今回はこのクロロゲン酸について掘り下げて解説していきたいと思います。

健康 ダイエット 珈琲の成分 珈琲の種類 美味しい珈琲 砂糖・ミルク 器具の選び方 副作用