コーヒーの効能/珈琲成分がもたらす健康効果まとめ!

<スポンサードリンク>

カフェインは健康に良いの?悪いの?

カフェインというのはメリットとデメリット両方を持ち合せる成分です。健康に良いというのも事実ですが、摂りようによって健康に悪影響もでかねないことを知っておきましょう。

 

健康への良い影響

カフェインの健康に良いとされる効能については以下の通りです。

 

利尿作用

カフェインの利尿作用により体内の老廃物を体外に積極的に排出することができます。

 

肥満防止

脂肪の分解を促進し、肥満の予防になるというのも立派な健康効果といえるでしょう。

 

ドライアイ改善

カフェインには唾液や消火液の分泌を促進させる働きがありますが、涙の量を増大させる作用があることが近年の研究でわかってきています。

 

健康への悪影響

カフェインが健康に与えると考えられる悪影響は以下の通りです。

 

胃が荒れる

カフェインは胃液の分泌を促す作用がありますので、過剰に摂取してしまうと胃が荒れてしまう可能性があります。

 

カフェインの妊娠中の人への影響

妊娠中に控えたほうがいい成分としてカフェインというのはよく挙げられます。妊娠中はカルシウムの摂取が必要不可欠なのですがカフェインによりカルシウムの吸収を妨げてしまうのです。

 

また代謝機能が未熟な胎児にはカフェインをうまく代謝する術がありません。そのためカフェインが体内に残ってしまい悪影響になることもあるといいます。

 

ただ1日300mgまでのカフェインならば問題ないといわれています。コーヒー1杯あたり大体135〜140mg程度のカフェイン量ですので、1日2杯くらいのコーヒーならほとんど問題ないことになります。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

ポリフェノール
コーヒーに含まれるポリフェノールはクロロゲン酸というものです。クロロゲン酸はコーヒーの独特の香りの元といわれています。今回はそのポリフェノールの効果・効能をまとめています。
カリウム
近年コーヒーがもたらす健康効果が注目されています。珈琲の成分として有名なカフェインやポリフェノールが癌・心臓病・動脈硬化・鬱病といった深刻な病気の予防になることが期待されています。
クロロゲン酸
クロロゲン酸というのはコーヒーに含まれる成分として有名なポリフェノールの一種ですね。コーヒーがダイエットに有効だとされる理由はこのクロロゲン酸の脂肪燃焼促進効果のおかげだということはすでにお話しました。今回はこのクロロゲン酸について掘り下げて解説していきたいと思います。

健康 ダイエット 珈琲の成分 珈琲の種類 美味しい珈琲 砂糖・ミルク 器具の選び方 副作用