コーヒーのブルーマウンテンの味の特徴・産地

コーヒーのブルーマウンテンの味の特徴・産地

コーヒーの王様といわれる高級コーヒー豆「ブルーマウンテン」の特徴を紹介しています。

 

ブルーマウンテンの産地

ジャマイカにあるブルーマウンテン山脈の標高800〜1200mというごく限られた地域が産地になっています。(通称ブルーマウンテンエリア)

 

このエリアというのはジャマイカの法律により厳格に定められており、このエリア外で栽培されたコーヒー豆に関してはブルーマウンテンの名称で売ることを禁じられています。

 

そのため収穫量も極めて少なく高級な豆として有名です。コーヒーの王様とも呼ばれていますね。

 

さらにブルーマウンテンの中でも最上級の品質の豆を「ブルーマウンテンNo1」と呼びます。

 

ブルーマウンテンの味は?

ほのかな甘みと上品で繊細な香りが見事にマッチングしています。香りが強いので他の香りが弱めの豆とブレンドすることが多いです。

 

ブルーマウンテン特有の味や香りはブルーマウンテンエリアの環境があってこそです。

 

ブルーマウンテンエリアというのは1日の寒暖差が平均8℃以上にもなるので、豆が膨らんだり縮んだりすることで実が引き締まりこの地域にしかない味が生まれます。

page top