動物の糞からできるコーヒー豆って?

動物の糞からできるコーヒー豆って?

世界には信じられないような様々な食べ物があります。動物の糞からできるコーヒー豆があるってご存知でしょうか?

 

ジャコウネコの糞からできる高級コーヒー豆

コピ・ルアクと呼ばれるコーヒー豆がありますが、これは高級食材として有名です。

 

驚くべきはその製造過程です。なんとこのコピ・ルアク・・・ジャコウネコというインドネシアやアフリカ大陸に生息する猫の糞から摂られる未消化のコーヒー豆なのです。

 

「ジャコウネココーヒー」だとか「イタチコーヒー」とも呼ばれています。

 

糞そのものを食べるわけではありませんが、1995年にいは「ジャコウネコの排泄物から集めた世界一高価なコーヒー」としてイグノーベル栄養学賞を授与されました。

 

 

コピ・ルアクの作り方

コピ・ルアクの主要産地であるインドネシアのコーヒー農園には、コーヒーの木の果実を狙ったジャコウネコがしばしば現れます。

 

果実はちゃんとした栄養源となりますが、その種子であるコーヒー豆は消化されないでそのまま排泄されるのです。

 

このコーヒー豆を綺麗に洗浄して、乾燥後に高温で焙煎したものが「コピ・ルアク」となるのですね。

 

なんでもジャコウネコの腸内の消化酵素や腸内細菌による発酵で独特の風味が生まれるのだとか。

 

page top