コーヒーの効能/珈琲成分がもたらす健康効果まとめ!

ブレンドコーヒーの特徴・定義

ブレンドコーヒーはコーヒーの味の可能性を無限にしてくれた偉大な発明です。今回はブレンドコーヒーの定義の解説と効能について解説しています。

 

ブレンドコーヒーの定義

ブレンドコーヒーというのは複数の種類のコーヒー豆を配合しブレンド(混ぜる)したコーヒーのことです。

 

様々な種類の豆の特徴がうまくマッチしてストレートでは味わえない味を楽しむことができます。

 

「ブレンドコーヒー」というのは特定のコーヒーの種類のことをを指しているわけではなくそうやって作られたコーヒーの総称のことですね。

 

 

ブレンドコーヒーの作り方

ブレンドコーヒーの作り方は以下の3パターンがメインです。

 

1:メインの味となる豆を決めその豆を中心にして他のブレンドを考える方法

 

2:特徴が全く異なる豆を用いて全く新しい味を作る方法

 

3:似かよった特徴の豆を組み合わせ、そこにアクセントとして一つ異なる特徴の豆を加える方法

 

どういった組み合わせがどういった味を生むのか予想するには何十種類の珈琲豆の味や香りを記憶しておかなければなりません。

 

ブレンドコーヒーの組み合わせ

ブレンドコーヒーの組み合わせには決まったものはありません。無限大です。

 

ただ使用する豆の種類は3〜4種類が一般的ですね。公式みたいにいすると以下のようになります。

 

ブラジル産+メキシコ産+α=β

 

当然αに何を選ぶかによってβは全く違う回答になってきます。同じ組み合わせだとしても比率によって味が変わってくるので、お店を開店した場合自分の店だけのブランドの味を作ることが可能になります。

page top