コーヒーの効能/珈琲成分がもたらす健康効果まとめ!

ブラックコーヒーの定義

ブラックコーヒーの定義やメリットについて解説しています。

 

ブラックコーヒーとは

一般的にはブラックコーヒーというのは砂糖やミルクなどの入っていないコーヒーのことを指しています。

 

ただしブラックというのはあくまで乳製品を加えないことで、砂糖の有無については問わない場合もあります。

 

 

なので日本の缶コーヒーの表記でもブラック(無糖)ブラック(加糖)のように表記されていることもありますよね。

 

この場合のブラックというのはミルクや牛乳を加えないことによる純なコーヒー色のことを指していることになります。

 

海外では普通?

むしろブラック=砂糖もミルクも入れないという考え方は日本特有のものですね。

 

洋画や海外の小説を見ていると「ブラックで砂糖を二個お願い」だとか「ブラックの砂糖なし」みたいなセリフをみることがたびたびありますから。

 

ブラックコーヒーのメリット

そんなたくさん書くほどブラックコーヒーだからこそ得られるメリットというのもないと思うのですがあえて挙げるとしたら「低カロリー」ということですかね。

 

コーヒーはダイエット飲料としても愛飲される飲み物ですので、ダイエット目的の方にとってはブラックのほうが向いているといえるでしょう。

page top