ベトナムのコーヒー豆の特徴

ベトナムのコーヒー豆の特徴

ベトナムコーヒーの特徴を紹介しています。

 

ベトナムは世界第二位のコーヒー生産大国

ベトナムはブラジルについでコーヒー豆の生産量2位のコーヒー大国です。

 

ブラジルでアラビカ種の生産メインなのに対し、ベトナムではロブスタ種の生産がメインです。

 

 

世界に流通している3分の1のロブスタ種はベトナム産のものです。

 

ロブスタ種は苦みが強く、麦茶のような香ばしさが特徴的です。好みが分かれると思いますがロブスタ種を好む人も少なくありません。

 

ただ日本人が飲むコーヒーもほとんどはアラビカ種ですので、ロブスタ種を飲むと「なんか変な味」となる人も多いです。

 

ベトナムコーヒーとは

「ベトナムコーヒー」というのはベトナムで生産されたコーヒーという意味ではなく、ベトナムの伝統的なコーヒーの入れ方のことです。

 

フランス式のフィルターでコーヒー液を抽出し、コンデンスミルクを加えて飲みます。とても濃厚な味わいが特徴的です。

 

フランス式なのはベトナムはフランスに植民地支配を受けていた歴史があるためです。ベトナムでは植民地化とともにコーヒー栽培も始まっているのでフランスとの関連性は切っても切れないものです。

page top