コーヒーの効能/珈琲成分がもたらす健康効果まとめ!

コーヒーにも色々な種類があり、それぞれ違った特徴があります。本章ではコーヒーの種類ごとの特徴を紹介しています。

コーヒーの種類ごとの違いや特徴をわかりやすく解説!記事一覧

エスプレッソコーヒーとブラックコーヒーはどう違うでしょうか?という疑問を見かけるのでお答えしたいと思います。エスプレッソコーヒーとブラックコーヒーの違いエスプレッソというのは専用のポットを用いて沸騰直後のお湯で粉(細かく挽いたコーヒー豆を)を一気にこすことで、粉からコーヒーを抽出する方法のことです。ブラックコーヒーというのは抽出方法に関係なく、ミルクや砂糖などが含まれていない純なコーヒーという意味...

エスプレッソのカフェイン量が少ないというのは割とコーヒーを良く飲む人の間では常識ですが、ではどうしてエスプレッソにはカフェイン含有量が少ないのでしょうか。エスプレッソのカフェイン含有量は?まずエスプレッソとドリップではコーヒー1杯あたり(150〜180mlくらい)に用いる豆の量が違います。エスプレッソは1杯7g程度。ドリップでは1杯10g程度。そのためカフェイン量が違ってくるのは当然で、使用する豆...

ブラックコーヒーの定義やメリットについて解説しています。ブラックコーヒーとは一般的にはブラックコーヒーというのは砂糖やミルクなどの入っていないコーヒーのことを指しています。ただしブラックというのはあくまで乳製品を加えないことで、砂糖の有無については問わない場合もあります。なので日本の缶コーヒーの表記でもブラック(無糖)ブラック(加糖)のように表記されていることもありますよね。この場合のブラックとい...

ブレンドコーヒーはコーヒーの味の可能性を無限にしてくれた偉大な発明です。今回はブレンドコーヒーの定義の解説と効能について解説しています。ブレンドコーヒーの定義ブレンドコーヒーというのは複数の種類のコーヒー豆を配合しブレンド(混ぜる)したコーヒーのことです。様々な種類の豆の特徴がうまくマッチしてストレートでは味わえない味を楽しむことができます。「ブレンドコーヒー」というのは特定のコーヒーの種類のこと...

世界で流通している主要なコーヒー豆の一種であるロブスタ種。どのような特徴があるのでしょうか?アラビカ種との違いロブスタ種はアラビカ種と比較したらいくつかの点で違いがあります。まずロブスタ種というのは病気に強いので、アラビカ種よりも低高度での栽培が可能になっています。アラビカ種が標高1000~2000mという高地で栽培されるのに対して、アラビカ種は300~800mでの低地での育成が可能になります。(...

日本で流通している主なコーヒーは大きく分けて2種あります。そのうちの1つであるアラビカ種の特徴や産地について紹介しています。アラビカ種とはアラビカ種というのはアカネ科のアラビカコーヒーノキからとれるコーヒー豆のことです。世界に流通しているコーヒーにはロブスタ種、リベリカ種がありますがこれらとともに「コーヒー3原種」と呼ばれています。とくにアラビカ種は高品質として世界中で流通し人気が高いです。※日本...

コーヒー豆というのは世界中で栽培されています。ですが産地ごとに気候も地形条件も異なるので違った味になるのです。今回は産地ごとのコーヒー豆の特徴を紹介しています。ジャマイカのコーヒー豆ジャマイカにあるブルーマウンテン山脈の標高800〜1200mというごく限られた地域「ブルーマウンテンエリア」で栽培されるコーヒー豆は有名ですね。ほのかな甘みと上品で繊細な香りが特徴的。香りが強いので他の香りが弱めの豆と...

コーヒー豆の種類とそれぞれの特徴について紹介しています。コーヒー豆の種類と特徴コーヒー豆には実にたくさんの種類があります。ですがそれぞれ違った良さ、特徴があり違いを楽しむのもコーヒーの魅力の1つといえます。生産地で選ぶコーヒー豆を選ぶうえで基準とする点の1つが生産地ですね。赤道をはさみ南北回帰線の間の一帯をコーヒーベルトというのですが、この地域はコーヒー豆に向いている環境が揃っており、質の良いコー...

世界には信じられないような様々な食べ物があります。動物の糞からできるコーヒー豆があるってご存知でしょうか?ジャコウネコの糞からできる高級コーヒー豆コピ・ルアクと呼ばれるコーヒー豆がありますが、これは高級食材として有名です。驚くべきはその製造過程です。なんとこのコピ・ルアク・・・ジャコウネコというインドネシアやアフリカ大陸に生息する猫の糞から摂られる未消化のコーヒー豆なのです。「ジャコウネココーヒー...

コーヒーの王様といわれる高級コーヒー豆「ブルーマウンテン」の特徴を紹介しています。ブルーマウンテンの産地ジャマイカにあるブルーマウンテン山脈の標高800〜1200mというごく限られた地域が産地になっています。(通称ブルーマウンテンエリア)このエリアというのはジャマイカの法律により厳格に定められており、このエリア外で栽培されたコーヒー豆に関してはブルーマウンテンの名称で売ることを禁じられています。そ...

カフェイン量が通常のコーヒーよりもはるかに少ないノンカフェインコーヒー。カフェインを避けたい人にとっては嬉しいかもですが、美味しくなかったら嫌ですよね。ノンカフェインコーヒーというのはどんな味なのでしょうか?ノンカフェインコーヒーとはノンカフェインコーヒーというのはようはカフェインのみを抽出したコーヒーのことで、「デカフェ」だとか「カフェインレス・コーヒー」とも呼ばれます。とくに欧米ではカフェイン...

世界一のコーヒー生産量を誇るブラジル。そんなブラジルのコーヒーというのはどのような特徴があるのでしょうか?ブラジルコーヒーの7割はアラビカ種まず世界で栽培されているコーヒーは大きくわけてアラビカ種とロブスタ種に分類されます。ブラジルコーヒーの7割はアラビカ種です。アラビカ種の特徴としては酸味が強く、香りは花のような甘い香り環境の変化にデリケートで産地の土壌や気候によって風味や味に個性がでるカフェイ...

ベトナムコーヒーの特徴を紹介しています。ベトナムは世界第二位のコーヒー生産大国ベトナムはブラジルについでコーヒー豆の生産量2位のコーヒー大国です。ブラジルでアラビカ種の生産メインなのに対し、ベトナムではロブスタ種の生産がメインです。世界に流通している3分の1のロブスタ種はベトナム産のものです。ロブスタ種は苦みが強く、麦茶のような香ばしさが特徴的です。好みが分かれると思いますがロブスタ種を好む人も少...

エチオピアコーヒーの特徴を紹介しています。エチオピアはコーヒー発祥の地現在コーヒーといえばブラジルというイメージの人がほとんどだと思うのですが、コーヒーを語る上でエチオピアという存在は忘れてはいけません。エチオピアはコーヒーの木の起源、コーヒー発祥の地といわれている為です。そしてもちろんエチオピアもコーヒーベルトの中にあり、コーヒーの主要産地の1国になっています。1位 ブラジル2位 ベトナム3位 ...

page top