コーヒー豆の酸化防止方法

<スポンサードリンク>

コーヒー豆の酸化防止方法

コーヒー豆というのは下手に保存しているとどんどん参加して風味も味も劣化していきます。今回はそうならない為のコーヒー豆の酸化防止方法を紹介しています。

 

開封後は酸化が進む!

基本的に市販されているコーヒー豆というのは、未開封状態では酸素が遮断されているので酸化することはありません。

 

ですが開封した後は酸素に常にさらされることになりますので、時間とともに酸化は進んでいきますのでできるだけ早く飲むようにしましょう。

 

常温なら2,3日もすればかなり酸化が進んで美味しくなくなります。

 

酸化を防止する方法

酸化を極力遅めるには冷蔵庫、または冷暗所での保存が推奨されます。冷暗所で常温保存するようなら2週間程度美味しく飲めると思います。

 

ただ基本的にはやはり早く飲むというのがコーヒーを楽しむコツです。酸化を気にするくらいなら酸化する前に全部飲むことですね。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

コーヒー豆って腐るの?賞味期限は?
コーヒー豆って腐るの?賞味期限はあるの?という疑問を持っている方が多いようです。
コーヒー豆の保存方法は?挽いた後は?
コーヒー豆の保存方法について紹介しています。保存場所は?冷蔵庫でもいいの?常温保存じゃだめなの?などなどコーヒー豆保存に関するあらゆる疑問を解決します。
コーヒー豆の冷凍保存と解凍方法
コーヒー豆の冷凍保存と解凍方法に関する解説をしています。冷凍保存にはどんなメリットがあるのか、またどのように解凍すればいいのかなどなど。
コーヒー豆の保存容器のおすすめ
鮮度がいい美味しいコーヒーを飲むためには、保存容器にもこだわるといいです。今回はコーヒー豆の保存容器のおすすめを紹介しています。

健康 ダイエット 珈琲の成分 珈琲の種類 美味しい珈琲 砂糖・ミルク 器具の選び方 副作用