コーヒー豆の保存方法は?挽いた後は?

<スポンサードリンク>

コーヒー豆の保存方法は?挽いた後は?

コーヒー豆の保存方法について紹介しています。保存場所は?冷蔵庫でもいいの?常温保存じゃだめなの?などなどコーヒー豆保存に関するあらゆる疑問を解決します。

 

保存場所

コーヒー豆の品質を長い間保ち続けるには冷蔵・冷凍保存することが推奨されます。基本的に温度が高ければ高いほど傷みやすいのがコーヒー豆ですので、夏なんかは特に冷蔵庫を利用するようにしましょう。

 

冷暗所や常温での保存は駄目なの?

またコーヒー豆を冷暗所や常温で保存してもいいの?という疑問はあるかと思います。冷暗所ならば短期間の保存はOKですが、常温保存はコーヒー豆には向いていません。せいぜい1週間程度と考えてください。

 

保存の湿度について

また湿度に関しても高ければ高いほど傷みやすいです。特に焙煎後のコーヒー豆は吸湿性が高いので密閉性の高い容器に保存しておくことをおすすめします。

 

鮮度の良いコーヒー豆を選ぼう

より長持ちさせるにはなにより鮮度の良いコーヒー豆を手に入れることが大切です。焙煎から時間が経ち過ぎていたり古くなってしまっていればそれだけ保存も効かなくなります。例えば店頭販売しているコーヒーの種類が多すぎたりするものはあまり高い品質でない可能性があります。新鮮なコーヒー豆は抽出すると粉が膨らむという特徴がありますね。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

コーヒー豆って腐るの?賞味期限は?
コーヒー豆って腐るの?賞味期限はあるの?という疑問を持っている方が多いようです。
コーヒー豆の酸化防止方法
コーヒー豆というのは下手に保存しているとどんどん参加して風味も味も劣化していきます。今回はそうならない為のコーヒー豆の酸化防止方法を紹介しています。
コーヒー豆の冷凍保存と解凍方法
コーヒー豆の冷凍保存と解凍方法に関する解説をしています。冷凍保存にはどんなメリットがあるのか、またどのように解凍すればいいのかなどなど。
コーヒー豆の保存容器のおすすめ
鮮度がいい美味しいコーヒーを飲むためには、保存容器にもこだわるといいです。今回はコーヒー豆の保存容器のおすすめを紹介しています。

健康 ダイエット 珈琲の成分 珈琲の種類 美味しい珈琲 砂糖・ミルク 器具の選び方 副作用