コーヒー豆の冷凍保存と解凍方法

コーヒー豆の冷凍保存と解凍方法

コーヒー豆の冷凍保存と解凍方法に関する解説をしています。冷凍保存にはどんなメリットがあるのか、またどのように解凍すればいいのかなどなど。

 

 

コーヒー豆は冷凍保存推奨!

コーヒー豆の焙煎後の酸化を防止する方法として冷凍保存というのは有効です。

 

コーヒーの保存方法は人によって冷蔵庫、冷暗所、常温室内など様々だと思いますが、冷凍庫というのは最も長期保存に向いており味の質も低下しにくいのです。

 

冷凍保存の場合焙煎してから2カ月程度は美味しく飲むことができます。

 

※ただしすでにスーパーなどで陳列されている焙煎後から10日も過ぎたようなものはすでに鮮度は落ちてしまっているので、そこから冷凍保存しても鮮度が復活することは残念ながらありません。

 

解凍方法について

解凍は電子レンジなど使わずに常温または冷蔵庫でゆっくり解凍してあげるようにしましょう。

 

ただ解凍しないでそのまま使っている人も多いですので、面倒ならばそのままでいいと思います。

 

解凍させないとコーヒーの味が出ないという人もいますが、私はそこまで大きな違いがわからなかったので正直どちらでもいいと思います。

 

ただ冷凍されたまま抽出すると抽出液の温度が下がるので、多少酸味のあるコーヒーになると思います。

page top