コーヒー豆栽培における気候条件とは

コーヒー豆栽培における気候条件とは

コーヒー豆を栽培するにあたって最適の気候条件とはどのような気候になるのでしょうか?

 

コーヒー豆栽培に適した気候条件とは

コーヒー豆ができるコーヒーノキは温暖な気候条件が適しています。

 

  • 平均気温約20℃
  • 年間降水量約1500〜2000mm
  • 水はけが良く日当たりの良い環境
  • 綺麗な水と空気
  • 標高300m以上の場所

 

主にこういった環境での栽培がベストみたいですね。

 

 

環境の変化は生産量に大きな影響をおよぼします。例えば干ばつが起きたり、雨の降る時期がずれたりといった気候変動が起きれば生産量がダウンします。

 

最も重要なのは成長期にたくさんの雨が降って、収穫期には乾燥していることです。そのため雨季と乾季がある気候条件の土地がコーヒー栽培にふさわしいです。

 

コーヒー栽培の気候条件を揃えたコーヒーベルト

上記のような気候条件を揃えた場所は地球上ではコーヒーベルトと呼ばれています。

 

日本はギリギリこのコーヒーベルトのエリアを外れており、気候条件はあまりコーヒー栽培には向いているとはいえません。

 

・・・が、温度管理や環境作りに気を使えば栽培できます。ただやはり生産量が少ないので、市場で見ることはほとんどないと思います。

 

寒暖差が激しい気候条件

またブルーマウンテンコーヒーのような高級コーヒーは、標高800〜1200mでないとその名を冠することは認められていません。

 

標高が高ければ高いほど昼夜の寒暖差が激しいので豆が引き締まり上質なコーヒーができるのです。

page top