コーヒー豆使用後の利用方法

コーヒー豆使用後の利用方法

使った後のコーヒー豆。捨てる人がほとんどだと思いますが、実はこれ色々な利用方法があって捨てるのはもったいないかもしれませんよ。

 

 

消臭剤として

まずコーヒー豆の粉は消臭剤として利用できます。コーヒーの分子構造というものはアンモニアを中和・吸着する効果があるのでトイレなどの消臭剤として重宝します。

 

灰皿の火消しとして

濡れたままのコーヒーのカスを灰皿に入れておくことで、煙草の火消しとしても利用できます。またタバコの臭い消し効果もあるので一石二鳥というわけですね。

 

油処理に

油ものの料理をした後のフライパンに乾燥させた残りのコーヒーを入れると油を吸収しそのまま捨てられます。

 

針山に

乾燥させたコーヒーかすを布にくるんで針山として利用することもできます。

 

※肥料には向いていない:
よくコーヒーの残りかすを肥料として使える?という疑問を目にしますが、正直コーヒーかすには植物の成長を促すような成分は含まれていないので、肥料としてはあまり向いていません。【詳細記事:コーヒーの残りカスを肥料に使える?

page top