コーヒーの効能/珈琲成分がもたらす健康効果まとめ!

コーヒーのカフェインは胃に悪い?

コーヒーや紅茶に含まれるカフェインを摂取すると人によっては胃もたれや胃荒れを起こしてしまう場合があります。今回はその原因と予防・改善方法について解説していきます。

 

 

カフェインが胃もたれを起こす原因とは

カフェインというのは胃液の分泌を促す作用があります。

 

この作用は健康な人にとっては食後にカフェインを摂取することで消化が促進されるというメリットがあります。

 

ですがあまりにカフェインを摂取しすぎると胃酸が過剰に分泌されてしまい胃が荒れ・胃もたれになってしまうことがあります。

 

とくに空腹時は気を付けたほうがいいと思います。空腹時に胃液が分泌されてしまうと胃粘膜が負けて炎症を起こしてしまう可能性があります。

 

コーヒーや紅茶が好きでよく飲むという人は時間帯には気を付けたほうがいいかもしれませんね。

 

カフェインによる胃もたれを予防する方法

濃いコーヒーを飲んでいるならば牛乳で割ってカフェインの量を調整するとか、カフェイン量が少ないエスプレッソやカフェインレスのコーヒーを飲むとか。

 

まあでもこれはもともとの体質で胃が荒れやすい人と、いくら飲んでも荒れない人がいます。

 

健康な人は飲みすぎることがなければ胃が荒れるということはめったにないと思いますのでそこまで気にする必要はないと思いますけどね。

page top