コーヒーの効能/珈琲成分がもたらす健康効果まとめ!

カフェインのメリット・デメリットまとめ記事一覧

コーヒーや紅茶に含まれるカフェインの副作用をまとめています。カフェインの過剰摂取により起こる危険がある症状以下にカフェインの摂りすぎにより起こると思われる体調の変化や症状をまとめます。胃粘膜障害コーヒーに含まれるカフェインは胃液の分泌を促進させる効果があります。ですが過剰摂取をするとこれが副作用になってしまい胃が荒れて胃粘膜障害が起きる可能性があるのです。貧血カフェインは鉄分の吸収を阻害してしまう...

コーヒーのカフェイン含有量についてお話しています。コーヒーのカフェイン含有量コーヒーのカップ1杯に含まれるカフェイン量は大体130〜140mgくらいといわれています。ただこれはドリップの場合で、インスタントコーヒーの場合はこれよりかなり少なめです。アイスコーヒーのカフェイン含有量アイスコーヒーにするとカフェイン量が変動するのかという疑問がある人がいるようですが、アイスコーヒーというのはいってしまえ...

コーヒーや紅茶に含まれるカフェインを摂取すると人によっては胃もたれや胃荒れを起こしてしまう場合があります。今回はその原因と予防・改善方法について解説していきます。カフェインが胃もたれを起こす原因とはカフェインというのは胃液の分泌を促す作用があります。この作用は健康な人にとっては食後にカフェインを摂取することで消化が促進されるというメリットがあります。ですがあまりにカフェインを摂取しすぎると胃酸が過...

カフェインがダイエットに効果的な理由を解説しています。一般にはただの眠気覚ましというイメージしか定着していないカフェインが脂肪分解を促すのは何故なのでしょうか。カフェインがダイエットに効果的な理由私たち人間というのは「交感神経」と「副交感神経」という二つの神経をもっています。私たちの体は緊張しているときや体を活発に動かしている時には「交感神経」が優位になり、リラックスしているときや休息している時に...

カフェインの含まれている飲料として人気なコーヒーや紅茶ですがはたしてどっちのが含有量は多いのでしょうか。■カフェインとはカフェインというのは覚醒作用や利尿作用を促す成分の一種である。紅茶やコーヒー、緑茶などの飲料に含まれている。結論からいえば・・・コーヒー豆100gあたりのカフェイン含有量は約1.5%紅茶100gあたりのカフェイン含有量は約2.5%はい単純に原料の同じグラムでみれば紅茶のほうが含有...

page top