コーヒーの利尿作用の原因

コーヒーの利尿作用の原因

コーヒーを飲むとトイレが近くなりますが、このことを利尿作用といいます。今回はこの利尿作用の原因、メカニズムについて紹介しています。

 

 

利尿作用が起こるメカニズムについて

コーヒーを飲むとトイレに行きたくなるのは、コーヒーに含まれるカフェインの影響です。

 

カフェインには利尿作用があることは有名です。

 

カフェインを摂取することで、交感神経が刺激され、交感神経が刺激されると腎臓の血管が拡張され、腎臓の血液ろ過量が増加します。

 

そしたら今度は腎臓における水分の再吸収の抑制が起こり利尿作用が促されるというわけですね。

 

利尿作用がもたらすメリットとデメリット

利尿作用というのは私たちの身体に良い影響も悪い影響もあります。以下に利尿作用がもたらすメリットとデメリットを列挙します。

 

■メリット

  • 不要になった老廃物を排出できるので肌荒れやむくみの防止ができる

 

■デメリット

  • カフェインには鉄分の吸収を阻害する働きがあり、鉄分は尿と一緒に体外へ排出される
  • 飲みすぎると脱水症状を起こす可能性もある
  • 頻繁にトイレに行くことになるので時間のロスになる
page top