コーヒーの効能/珈琲成分がもたらす健康効果まとめ!

珈琲の効能

珈琲の効能をまとめています。コーヒーには以外と知られない様々な健康効果があるのです。普段何気なく飲んでいるコーヒーへの意識が変わるかも?

 

 

糖尿病を予防できる!

1日1杯の珈琲を飲む人は飲まない人と比較して糖尿病になる確率が33%も低くなるのだそうです。ハーバード大学の報告によるものです。

 

直腸癌の予防に!

国際ガン研究機関(IARC)がの研究結果によれば珈琲に直腸がんや結腸がんを予防する働きがあるとのことです。

 

血行促進に!

珈琲に豊富に含まれているカフェインは血行を促進する効果があります。これにより代謝が促進され低血圧や高血圧の予防・改善に効果を発揮します。

 

老廃物の輩出に!

珈琲のカフェインの利尿作用で体内の老廃物を排出することができます。

 

コーヒーで痩せる!?

珈琲はエネルギー代謝を促進させて脂肪を燃焼しやすくしてくれます。ただ珈琲を飲むだけでなく運動もしないとあまり意味がありません。

 

リラックス効果がある!

珈琲の香り・苦みは精神をリラックスさせる作用があり、ストレス解消に効果的です。この効果でうつ病の予防にも効果的だといわれています。

 

二日酔いを防ぐ!

二日酔いの原因であるアセトアルデヒドを分解することができます。

 

コレステロール値を下げる!

珈琲にはニコチン酸というコレステロール値を下げる作用をもつ成分が含まれています。そのおかげで動脈硬化の予防することができます。ちなみにニコチン酸というのは煙草に含まれるニコチンとは違います。

 

虫歯菌の繁殖を防ぐ!

珈琲を飲むことで口腔内のバクテリアの繁殖を抑えてくれて、虫歯の原因である酸を中和してくれます。

 

眠気覚ましになる!

脳の覚醒作用、いわゆる眠気さましの効果があります。ですがこれはデメリットとも表裏一体で飲みすぎると睡眠障害になる可能性もあります。

 

 

上記が珈琲の効能のまとめになります。珈琲は基本的に健康にいい飲み物ですが、飲みすぎは思わぬ体調不良を招くこともあります。1日3〜4杯くらいが適量でしょう。

page top