コーヒーの効能/珈琲成分がもたらす健康効果まとめ!

便秘解消にコーヒーが効果的な理由

コーヒーのカフェインの便秘解消効果について解説しています。

 

コーヒーのカフェインが便秘解消になるのか

コーヒーが便秘の解消に効果的な理由はとても単純です。

 

コーヒーの主成分であるカフェインは腸の神経を刺激して腸の収縮を促してくれる作用を持っています。

 

 

そのため便通がよくなり便秘の解消に効果を発揮するというわけですね。

 

ちなみに単純にカフェインの恩恵に授かりたいのならコーヒー以外でも紅茶や緑茶からでも摂取することは可能になっています。

 

コーヒーが苦手だという人はこちらを飲んでも良いと思います。

 

飲みすぎると逆効果!?

ちなみにカフェインには利尿作用もありますのであまりに飲みすぎると利尿作用が強く出すぎて水分不足になり逆効果になるかもしれないので注意してください。

 

水分が不足すると大腸から水分を吸収し補うようになり、そうなると今度は大腸の便の水分がなくなってしまい・・・便秘になるわけですね。

 

カフェインの利尿作用というのは強く持続性があります。そのため摂取したあとしばらく体内の水分は失われることになるので注意しましょう。

 

飲みすぎの上限ですが、3〜4杯くらいまでは便秘解消の恩恵を受けられるのですが、5杯以上になると飲みすぎになってしまうみたいです。

page top