コーヒーの効能/珈琲成分がもたらす健康効果まとめ!

バナナコーヒーの効果

コーヒーとの食べ合わせといったらクッキーやケーキなどの甘いお菓子ばかりに目がいきがちですが、バナナというフルーツとの意外な組み合わせが近年注目を集めています。【関連記事:バターコーヒーの作り方

 

カフェインの摂りすぎに注意

コーヒーには様々な効能があることは紹介しましたが、カフェインの摂りすぎには注意する必要があります。

 

なぜならカフェインを取りすぎると体内のカルシウムやカリウムといった電解質のバランスが崩れてしまい、体調不良を起こす可能性があるからです。とくに頭痛がおきやすいです。

 

 

バナナがカフェインを中和する?

そこでバナナが活躍してくれます。

 

バナナは炭水化物なので、血糖値のバランスを整えることができカフェインによる体調不良を防止することができます。

 

またバナナにはコーヒーと同じ抗酸化作用がありますので、美白効果も相乗効果であがります。

 

またバナナの食物繊維による整腸作用があるので、便秘解消にも効果的だそうです。

 

コーヒーを飲むと甘いものが食べたくなる理由

コーヒーとともに食べる食べ合わせとしてお菓子ばかりを選ぶのではなく、たまにはバナナを食べてみるのもいいでしょう。

 

またコーヒーの食べ合わせとしてお菓子を選んでしまうのは、血糖値が下がり身体が糖分を求めているからです。ですがこれは時に頭痛の前兆としても知られるので注意が必要です。

page top