コーヒーは血糖値を下げる?上げる?

コーヒーは血糖値を下げる?上げる?

コーヒーと血糖値の関係についてはよく語られていますが、結局のところコーヒーを飲むと血糖値を上げるのか下げるのか混乱してしまいますよね。そこでコーヒーと血糖値の関係についてまとめてみました。

 

コーヒーは血糖値を上げる?

コーヒーによる血糖値上昇を気にされる方がいますが、ブラックコーヒーならば血糖値に影響することはありません。

 

ただしカフェインはアドレナリンの分泌を促して血糖値を下げるインスリンの働きを抑制してしまいます。

 

その影響でコーヒーを飲むと血糖値を一時的に上げることになります。

 

 

インスリン抑制は一時的なもの

じゃあ結局上がるんじゃん!と思うかもしれませんが、これはあくまで一時的なものです。

 

カフェインには血糖値を下げる作用をもつミトコンドリアを活性化させる働きもあり、こちらの効果は長時間持続します。

 

なので長期的にみたらやはりコーヒーは血糖値を下げる傾向にあると受け取ってもいいと思います。

 

砂糖やミルクは入れないことが前提

問答無用で血糖値が上昇するのは糖類を追加したときです。

 

血糖値を気にするのならコーヒーに砂糖やポーションは当然入れないほうがいいでしょう。ポーション代わりに牛乳や生クリームを使うことをおすすめします。

 

また缶コーヒーに関しても糖質ゼロと表記されているもの以外はかなり砂糖が入っているので注意してください。

page top