コーヒーは肝臓に良い?それとも負担?

<スポンサードリンク>

コーヒーは肝臓に良い?それとも負担?

コーヒーは肝臓に良いといわれていますが、どうしてなのでしょうか。その裏付けを調べてまとめてみました。また逆に負担を心配する声もあったのでそれについても調べてみました。

 

コーヒーで肝がんのリスクが減少?

コーヒーをよく飲む人は飲まない人に比べて肝臓がんの発症率が低いというデータもあるそうです。【参考:http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/274.html】

 

参考記事によれば調査対象の40〜69歳の男女約9万人のうち334人が10年のうちに肝がんになったそうです。

 

1日に5杯飲む人は肝がんのリスクが通常の四分の一にまで低下するという話ですね。

 

まだ立証されたわけではない

ただまたコーヒーが与える肝臓への良い影響については明確な裏付けがされているわけではありません。

 

コーヒーには炎症を抑制する作用があるので、それで肝炎の進行を防ぎ肝がんの予防になっているのではないかという見方もあります。

 

ただ肝がんになる人は肝機能が低いのでカフェインの代謝機能が阻害されがちです。

 

なのでコーヒーの飲む量が減っているため結果的にそれがコーヒーを飲む人が肝がんになるリスクが減るというふうに見えているだけという見方もできます。

 

またきちんと立証されているわけではないので、鵜呑みにすることはおすすめしません。

 

逆に負担がかかることは?

コーヒーの肝臓への負担を心配する声もありますね。調べたところ基本的には適量飲んでいるだけならば問題ないとのことでした。

 

ただしカフェインは肝臓で代謝されますので、飲み過ぎは肝臓への負担になることは確かです。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

珈琲の効能1
近年コーヒーがもたらす健康効果が注目されています。珈琲の成分として有名なカフェインやポリフェノールが癌・心臓病・動脈硬化・鬱病といった深刻な病気の予防になることが期待されています。
珈琲の効能2
近年の研究でコーヒーには様々な病気を予防・改善する効用があることが期待されています。
健康に良い理由
コーヒーの健康効果は近年とても注目されています。それというのも科学の発展と長年の追跡調査でコーヒーの成分が私たちの体にもたらす影響が明らかになりはじめたからです。今回はコーヒーが健康に良い理由をまとめていきます。
脂肪燃焼効果
コーヒーの脂肪燃焼効果について解説しています。
頭痛改善
コーヒーを飲めば頭痛が治るといわれていますが本当なのでしょうか?という疑問に対する回答です。
血圧を下げる
コーヒーは血圧を下げるとか上げるとかどっちの意見も聞かれて一体どちらが本当なのか混乱しますよね。
血糖値を下げる
コーヒーと血糖値の関係についてはよく語られていますが、結局のところコーヒーを飲むと血糖値を上げるのか下げるのか混乱してしまいますよね。そこでコーヒーと血糖値の関係についてまとめてみました。
便秘解消
コーヒーのカフェインの便秘解消効果について解説しています。
コーヒーはうつ病に効果があるのか
コーヒーがうつ病に効果があるとかないとかいう噂を耳にしたので、その真偽を調べてみました。
コーヒーに塩分排出効果はあるのか
塩分の摂りすぎを医者に注意された、健康上の理由で減塩が必要だ、という人は多いと思います。そこで今回はコーヒーに塩分排出効果があるのか?というテーマで解説しています。
喉の腫れ・痛みにコーヒーは効果ある?
コーヒーを飲んで喉の痛みや腫れ、イガイガ、違和感は引くのでしょうか?喉に対するコーヒー成分の影響について調べてみました。
一日に飲むコーヒーの適量とは
コーヒーが好きでよく飲むけど、飲みすぎはあまり良くなさそう・・・このような心配をしている人も多いと思いますので、コーヒーを飲む上での1日の適量について調べました。
コーヒーの利尿作用の原因
コーヒーを飲むとトイレが近くなりますが、このことを利尿作用といいます。今回はこの利尿作用の原因、メカニズムについて紹介しています。
バナナコーヒーの効果
コーヒーとの食べ合わせといったらクッキーやケーキなどの甘いお菓子ばかりに目がいきがちですが、バナナというフルーツとの意外な組み合わせが近年注目を集めています。
アイスコーヒーの効能
コーヒー自体の効能については「珈琲の効能」の記事にて解説させていただきました。ですが今回はアイスコーヒーの効能について解説しています。
バターコーヒーの効果
バターコーヒーを知っていますか?コーヒーにバターを入れて飲むというちょっとしたアレンジコーヒーなのですが、実はこのバターコーヒーには普通のコーヒーにはない効果もあるのです。

健康 ダイエット 珈琲の成分 珈琲の種類 美味しい珈琲 砂糖・ミルク 器具の選び方 副作用