コーヒーは肝臓に良い?それとも負担?

コーヒーは肝臓に良い?それとも負担?

コーヒーは肝臓に良いといわれていますが、どうしてなのでしょうか。その裏付けを調べてまとめてみました。また逆に負担を心配する声もあったのでそれについても調べてみました。

 

コーヒーで肝がんのリスクが減少?

コーヒーをよく飲む人は飲まない人に比べて肝臓がんの発症率が低いというデータもあるそうです。【参考:http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/274.html】

 

参考記事によれば調査対象の40〜69歳の男女約9万人のうち334人が10年のうちに肝がんになったそうです。

 

1日に5杯飲む人は肝がんのリスクが通常の四分の一にまで低下するという話ですね。

 

 

まだ立証されたわけではない

ただまたコーヒーが与える肝臓への良い影響については明確な裏付けがされているわけではありません。

 

コーヒーには炎症を抑制する作用があるので、それで肝炎の進行を防ぎ肝がんの予防になっているのではないかという見方もあります。

 

ただ肝がんになる人は肝機能が低いのでカフェインの代謝機能が阻害されがちです。

 

なのでコーヒーの飲む量が減っているため結果的にそれがコーヒーを飲む人が肝がんになるリスクが減るというふうに見えているだけという見方もできます。

 

またきちんと立証されているわけではないので、鵜呑みにすることはおすすめしません。

 

逆に負担がかかることは?

コーヒーの肝臓への負担を心配する声もありますね。調べたところ基本的には適量飲んでいるだけならば問題ないとのことでした。

 

ただしカフェインは肝臓で代謝されますので、飲み過ぎは肝臓への負担になることは確かです。

page top