コーヒーの効能/珈琲成分がもたらす健康効果まとめ!

コーヒーの脂肪燃焼効果

コーヒーの脂肪燃焼効果について解説しています。

 

コーヒーで体脂肪燃焼!〜ミトコンドリアが深く関与?〜

コーヒーを飲むと体脂肪の燃焼が促進されます。そしてその促進に深く」関係しているのは「ミトコンドリア」です。

 

ミトコンドリアというと中学の教科書にでてくるカプセルのような形の気持ち悪い生物を思い浮かべると思いますが、それが私たちの体内にはいるのです。

 

それもかなり重要な役割を担っています。

 

 

私たちが取り込んだ脂肪や糖をミトコンドリアが燃焼してエネルギーに変換してくれているのです。

 

そしてコーヒーに含まれるクロロゲンはそのミトコンドリアの働きを活発化させることができます。

 

クロロゲンの摂取で脂肪の燃焼効率が上がるといわれるのはこういった原理からです。

 

カフェインが脂肪燃焼を促進

またリパーゼという酵素も脂肪の燃焼を促進させる働きがあるのですが、コーヒーのカフェインにはリパーゼの働きを活性化させる効果があるのです。

 

コーヒーの脂肪燃焼効果が表れるのは飲んでから20〜30分後です。そのため運動ははじめる20〜30分前にコーヒーを飲むと効果的だといわれています。

 

またコーヒーに砂糖を入れると効果がなくなってしまうのか、という不安もあるかもしれませんが、多少なら問題ありません。

 

糖分は空腹感を抑える効果もあります。ですが入れすぎるとカロリー過多になってしまうので注意が必要です。

page top