コーヒーの効能/珈琲成分がもたらす健康効果まとめ!

コーヒーの効用

近年の研究でコーヒーには様々な病気を予防・改善する効用があることが期待されています。

 

 

パーキンソン病の症状を改善

これはあまり知られないことですが2012年にサイエンスデイリーという科学雑誌で発表された論文では「パーキンソン病の症状緩和に貢献する」とのことです。同研究発表ではコーヒーや紅茶でカフェインを摂取している人はとっていない人に比べて自分の体を動きをコントロールできることがわかったそうです。

 

肝硬変の予防

とある追跡調査によれば1日に1杯のコーヒーを飲む習慣がある人は肝硬変の発症リスクが20%減少するとのことです。肝硬変というのはアルコールの過剰摂取が引き起こす疾患です。コーヒーにはアルコールのアルデヒドを分解する作用があるみたいです。

 

肥満予防

運動前に1杯のコーヒーを飲むことでエネルギーの消費効率がよくなり運動効果が高まることが報告されています。これにより生活習慣病の原因になる肥満を防ぐことができます。

 

アルツハイマーの発症率を下げる

65歳異常でカフェインの血中濃度が高い人は、低い人と比較した場合アルツハイマーの発症が2〜4年遅れることがわかったそうです。サウスフロリダ大学とマイアミ大学の共同研究結果の報告です。

 

動脈硬化の予防

コーヒーに含まれるポリフェノールは善玉コレステロールを増やし悪玉コレステロールの働きを抑制してくれる効果があります。これにより動脈硬化を予防することが期待されます。

page top