コーヒーの効能/珈琲成分がもたらす健康効果まとめ!

コーヒーが健康に良い理由

コーヒーの健康効果は近年とても注目されています。それというのも科学の発展と長年の追跡調査でコーヒーの成分が私たちの体にもたらす影響が明らかになりはじめたからです。今回はコーヒーが健康に良い理由をまとめていきます。

 

コーヒーの健康に良い理由

コーヒーが健康に良いといわれる最大の要因は「カフェイン」と「ポリフェノール」という二つの成分によるものが大きいです。

 

この二つの成分やニコチン酸などは糖尿病予防・がん予防・うつ病予防・動脈硬化予防など命にもかかわる疾患を予防するのに効果を発揮することが期待されています。

 

詳細は『⇒コーヒーの効能』を参照しましょう。

 

 

コーヒーの飲みすぎは健康に悪影響

コーヒーの飲みすぎは様々な健康被害があることで知られていますね。

 

まず胃に悪いというのが大きいです。カフェインは上記のような健康効果もあるのですが飲みすぎると胃液が過剰に分泌されて胃の粘膜にダメージを与えてしまうのです。

 

その結果胃もたれや胃痛につながったりします。

 

またカフェインには利尿作用がありますので、飲みすぎるとどんどん水分が失われて行って脱水症状を起こす可能性があります。

 

1日何杯までならいいの?

これには色々な意見があるようですが、1日3〜4杯までというのが大方の意見のようでした。

 

カフェインの摂取量の上限というのはコーヒー10杯までということになっていますが、これはあくまでこれ以上飲んだら危険だよというものなので、5杯、6杯でも毎日飲み続ければカフェイン中毒になる可能性はあります。

 

■インスタントでも効果はあるのか
インスタントでも健康効果はあります。ですがドリップと比較したらカフェインやクロロゲンが少なくて効果のおおきさは下がってしまいます。

page top