コーヒーの効能/珈琲成分がもたらす健康効果まとめ!

<スポンサードリンク>

コーヒーが健康に良い理由

コーヒーの健康効果は近年とても注目されています。それというのも科学の発展と長年の追跡調査でコーヒーの成分が私たちの体にもたらす影響が明らかになりはじめたからです。今回はコーヒーが健康に良い理由をまとめていきます。

 

コーヒーの健康に良い理由

コーヒーが健康に良いといわれる最大の要因は「カフェイン」と「ポリフェノール」という二つの成分によるものが大きいです。

 

この二つの成分やニコチン酸などは糖尿病予防・がん予防・うつ病予防・動脈硬化予防など命にもかかわる疾患を予防するのに効果を発揮することが期待されています。

 

詳細は『⇒コーヒーの効能』を参照しましょう。

 

コーヒーの飲みすぎは健康に悪影響

コーヒーの飲みすぎは様々な健康被害があることで知られていますね。

 

まず胃に悪いというのが大きいです。カフェインは上記のような健康効果もあるのですが飲みすぎると胃液が過剰に分泌されて胃の粘膜にダメージを与えてしまうのです。

 

その結果胃もたれや胃痛につながったりします。

 

またカフェインには利尿作用がありますので、飲みすぎるとどんどん水分が失われて行って脱水症状を起こす可能性があります。

 

1日何杯までならいいの?

これには色々な意見があるようですが、1日3〜4杯までというのが大方の意見のようでした。

 

カフェインの摂取量の上限というのはコーヒー10杯までということになっていますが、これはあくまでこれ以上飲んだら危険だよというものなので、5杯、6杯でも毎日飲み続ければカフェイン中毒になる可能性はあります。

 

■インスタントでも効果はあるのか
インスタントでも健康効果はあります。ですがドリップと比較したらカフェインやクロロゲンが少なくて効果のおおきさは下がってしまいます。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

珈琲の効能1
近年コーヒーがもたらす健康効果が注目されています。珈琲の成分として有名なカフェインやポリフェノールが癌・心臓病・動脈硬化・鬱病といった深刻な病気の予防になることが期待されています。
珈琲の効能2
近年の研究でコーヒーには様々な病気を予防・改善する効用があることが期待されています。
脂肪燃焼効果
コーヒーの脂肪燃焼効果について解説しています。
頭痛改善
コーヒーを飲めば頭痛が治るといわれていますが本当なのでしょうか?という疑問に対する回答です。
血圧を下げる
コーヒーは血圧を下げるとか上げるとかどっちの意見も聞かれて一体どちらが本当なのか混乱しますよね。
肝臓に良い
コーヒーは肝臓に良いといわれていますが、どうしてなのでしょうか。その裏付けを調べてまとめてみました。また逆に負担を心配する声もあったのでそれについても調べてみました。
血糖値を下げる
コーヒーと血糖値の関係についてはよく語られていますが、結局のところコーヒーを飲むと血糖値を上げるのか下げるのか混乱してしまいますよね。そこでコーヒーと血糖値の関係についてまとめてみました。
便秘解消
コーヒーのカフェインの便秘解消効果について解説しています。
コーヒーはうつ病に効果があるのか
コーヒーがうつ病に効果があるとかないとかいう噂を耳にしたので、その真偽を調べてみました。
コーヒーに塩分排出効果はあるのか
塩分の摂りすぎを医者に注意された、健康上の理由で減塩が必要だ、という人は多いと思います。そこで今回はコーヒーに塩分排出効果があるのか?というテーマで解説しています。
喉の腫れ・痛みにコーヒーは効果ある?
コーヒーを飲んで喉の痛みや腫れ、イガイガ、違和感は引くのでしょうか?喉に対するコーヒー成分の影響について調べてみました。
一日に飲むコーヒーの適量とは
コーヒーが好きでよく飲むけど、飲みすぎはあまり良くなさそう・・・このような心配をしている人も多いと思いますので、コーヒーを飲む上での1日の適量について調べました。
コーヒーの利尿作用の原因
コーヒーを飲むとトイレが近くなりますが、このことを利尿作用といいます。今回はこの利尿作用の原因、メカニズムについて紹介しています。
バナナコーヒーの効果
コーヒーとの食べ合わせといったらクッキーやケーキなどの甘いお菓子ばかりに目がいきがちですが、バナナというフルーツとの意外な組み合わせが近年注目を集めています。
アイスコーヒーの効能
コーヒー自体の効能については「珈琲の効能」の記事にて解説させていただきました。ですが今回はアイスコーヒーの効能について解説しています。
バターコーヒーの効果
バターコーヒーを知っていますか?コーヒーにバターを入れて飲むというちょっとしたアレンジコーヒーなのですが、実はこのバターコーヒーには普通のコーヒーにはない効果もあるのです。

健康 ダイエット 珈琲の成分 珈琲の種類 美味しい珈琲 砂糖・ミルク 器具の選び方 副作用