コーヒーの効能/珈琲成分がもたらす健康効果まとめ!

コーヒーの健康効果・効能

コーヒーの健康効果についてまとめています。

コーヒーの健康効果・効能記事一覧

珈琲の効能をまとめています。コーヒーには以外と知られない様々な健康効果があるのです。普段何気なく飲んでいるコーヒーへの意識が変わるかも?糖尿病を予防できる!1日1杯の珈琲を飲む人は飲まない人と比較して糖尿病になる確率が33%も低くなるのだそうです。ハーバード大学の報告によるものです。直腸癌の予防に!国際ガン研究機関(IARC)がの研究結果によれば珈琲に直腸がんや結腸がんを予防する働きがあるとのこと...

近年の研究でコーヒーには様々な病気を予防・改善する効用があることが期待されています。パーキンソン病の症状を改善これはあまり知られないことですが2012年にサイエンスデイリーという科学雑誌で発表された論文では「パーキンソン病の症状緩和に貢献する」とのことです。同研究発表ではコーヒーや紅茶でカフェインを摂取している人はとっていない人に比べて自分の体を動きをコントロールできることがわかったそうです。肝硬...

コーヒーの健康効果は近年とても注目されています。それというのも科学の発展と長年の追跡調査でコーヒーの成分が私たちの体にもたらす影響が明らかになりはじめたからです。今回はコーヒーが健康に良い理由をまとめていきます。コーヒーの健康に良い理由コーヒーが健康に良いといわれる最大の要因は「カフェイン」と「ポリフェノール」という二つの成分によるものが大きいです。この二つの成分やニコチン酸などは糖尿病予防・がん...

コーヒーの脂肪燃焼効果について解説しています。コーヒーで体脂肪燃焼!〜ミトコンドリアが深く関与?〜コーヒーを飲むと体脂肪の燃焼が促進されます。そしてその促進に深く」関係しているのは「ミトコンドリア」です。ミトコンドリアというと中学の教科書にでてくるカプセルのような形の気持ち悪い生物を思い浮かべると思いますが、それが私たちの体内にはいるのです。それもかなり重要な役割を担っています。私たちが取り込んだ...

コーヒーを飲めば頭痛が治るといわれていますが本当なのでしょうか?という疑問に対する回答です。コーヒーで頭痛が緩和される理由カフェインには頭痛緩和作用があると考えられています。カフェインには脳血管を収縮させる作用がありますので、血管が拡張して感じるタイプの頭痛には効果があると思います。こういったタイプの頭痛は頭の片側や両側がドクンドクンと脈を打つような痛みがしますね。ただカフェインを摂りすぎると逆に...

コーヒーは血圧を下げるとか上げるとかどっちの意見も聞かれて一体どちらが本当なのか混乱しますよね。コーヒーは血圧を上げる?下げる?コーヒーに含まれるカフェインには確かに心筋に作用し一時的に血圧を上げます。ですがこれはあくまで一時的なもので短時間で効果は切れます。それに対してカフェインには利尿作用がありそのおかげで血圧を下げる効果がありますが、こちらの効果は長時間持続します。なのでトータルで見た場合コ...

コーヒーは肝臓に良いといわれていますが、どうしてなのでしょうか。その裏付けを調べてまとめてみました。また逆に負担を心配する声もあったのでそれについても調べてみました。コーヒーで肝がんのリスクが減少?コーヒーをよく飲む人は飲まない人に比べて肝臓がんの発症率が低いというデータもあるそうです。【参考:http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/274.html】参考記事によれば調...

コーヒーと血糖値の関係についてはよく語られていますが、結局のところコーヒーを飲むと血糖値を上げるのか下げるのか混乱してしまいますよね。そこでコーヒーと血糖値の関係についてまとめてみました。コーヒーは血糖値を上げる?コーヒーによる血糖値上昇を気にされる方がいますが、ブラックコーヒーならば血糖値に影響することはありません。ただしカフェインはアドレナリンの分泌を促して血糖値を下げるインスリンの働きを抑制...

コーヒーのカフェインの便秘解消効果について解説しています。コーヒーのカフェインが便秘解消になるのかコーヒーが便秘の解消に効果的な理由はとても単純です。コーヒーの主成分であるカフェインは腸の神経を刺激して腸の収縮を促してくれる作用を持っています。そのため便通がよくなり便秘の解消に効果を発揮するというわけですね。ちなみに単純にカフェインの恩恵に授かりたいのならコーヒー以外でも紅茶や緑茶からでも摂取する...

コーヒーがうつ病に効果があるとかないとかいう噂を耳にしたので、その真偽を調べてみました。うつ病とはうつ病というのはストレスや劣等感の蓄積により、精神が疲弊し日常生活にも支障がでてしまう病気のことです。常に気分が沈んでいる、何をやるにもやる気がでない、何をしても楽しめないなどの抑うつ状態が続いてしまします。日本にも100万人以上ものうつ病患者がいます。コーヒーはうつ病に効果があるのか正直なところコー...

塩分の摂りすぎを医者に注意された、健康上の理由で減塩が必要だ、という人は多いと思います。そこで今回はコーヒーに塩分排出効果があるのか?というテーマで解説しています。塩分を排出するにはカリウムを取り入れるまず前提として、塩分を排出するためにはカリウムが必要になります。カリウムはナトリウムと結合し尿とともに排出されるのです。さてそこで問題になるのはコーヒーにカリウムは含まれているのかどうかということで...

コーヒーを飲んで喉の痛みや腫れ、イガイガ、違和感は引くのでしょうか?喉に対するコーヒー成分の影響について調べてみました。コーヒーの成分は喉に効果なし結論からいえばコーヒーに特別喉に良い成分は含まれていません。私も喉が痛い時にコーヒーを飲んだことはありますが、それで喉がよくなったことはありませんでした。喉に良い飲み物ならばコーヒーよりも緑茶のがおすすめです。緑茶のカテキンには殺菌・抗菌作用があるので...

コーヒーが好きでよく飲むけど、飲みすぎはあまり良くなさそう・・・このような心配をしている人も多いと思いますので、コーヒーを飲む上での1日の適量について調べました。コーヒーの1日の適量コーヒーはリラックス効果だけでなく、脂肪燃焼効果やストレス解消効果もあることがわかっていますが、飲みすぎはよくありません。どんなに健康に良いとされる食べ物でも飲み物でも、食べ過ぎや飲みすぎは栄養の偏りに繋がり逆効果にな...

コーヒーを飲むとトイレが近くなりますが、このことを利尿作用といいます。今回はこの利尿作用の原因、メカニズムについて紹介しています。利尿作用が起こるメカニズムについてコーヒーを飲むとトイレに行きたくなるのは、コーヒーに含まれるカフェインの影響です。カフェインには利尿作用があることは有名です。カフェインを摂取することで、交感神経が刺激され、交感神経が刺激されると腎臓の血管が拡張され、腎臓の血液ろ過量が...

コーヒーとの食べ合わせといったらクッキーやケーキなどの甘いお菓子ばかりに目がいきがちですが、バナナというフルーツとの意外な組み合わせが近年注目を集めています。【関連記事:バターコーヒーの作り方】カフェインの摂りすぎに注意コーヒーには様々な効能があることは紹介しましたが、カフェインの摂りすぎには注意する必要があります。なぜならカフェインを取りすぎると体内のカルシウムやカリウムといった電解質のバランス...

コーヒー自体の効能については「珈琲の効能」の記事にて解説させていただきました。ですが今回はアイスコーヒーの効能について解説しています。アイスコーヒーの効能〜夏バテ予防になる!〜一般的にコーヒーというのはホットで飲むものだという認識ですが、日本ではアイスコーヒーの習慣も根深いですよね。これはおそらく日本の夏の異常な熱さが影響してるんじゃないかなと思います。毎年毎年脱水症状や熱中症で病院に搬送される人...

バターコーヒーを知っていますか?コーヒーにバターを入れて飲むというちょっとしたアレンジコーヒーなのですが、実はこのバターコーヒーには普通のコーヒーにはない効果もあるのです。バターコーヒーの味コーヒーにバターを加えることで、味がまろやかクリーミーになりコーヒーの苦みや渋みがあまり得意でないという方でも親しみやすい味になります。【関連記事:バターコーヒーの作り方】アメリカが原点のバターコーヒー日本では...

page top